ポーカープレイヤーの最も面白い瞬間トップ5! ― 動画

ポーカーは、賞金を獲得するためのゲームではありません。プレイ中は、奇妙な状況に直面します。ギャンブラーは、クレイジーな行動をとることで知られています。ギャンブラーはお金のことばかり考えていると思われがち。でも彼らは楽しみとライフスタイルを維持するためにもプレイします。近年、プレイヤーたちはトーナメントでプレイ中、笑える瞬間で楽しませてくれました。どのトーナメントでも毎回、驚きのハンドが登場します。メインシリーズのイベント中、カメラが驚きのハンドをとらえました。最大のトーナメント賞金額となったりと、見どころ満載で盛りだくさんです。

ポーカースターたちの面白い瞬間トップ5

これから紹介するイベントでは笑えるハンドトップ5が登場します。最高に笑えるポーカー話ばかりです。ぜひお楽しみください。

ビッキー・コーレン(EPTチャンピオン2回制覇)
ビッキー・コーレンは、2回のEPTで優勝した最初で唯一の女性です。最初の優勝は、2006年のロンドン大会でした。そして、2度目は2014年サンレモ大会でした。ビッキー・コーレンはQ-Jでポケットエースをオーバーします。このプレイ中、コーレンはツーペアをちらつかせました。しかし対戦相手フンダロがガットショットをプレイし、Q-J 10-7ボードを引きました。しかし優勝したのはコーレン。2度目のEPTタイトル獲得でした。

ジャン・ロべール・べランド(JRB)

ジャン・ロべールは、アメリカのプロポーカープレイヤー。彼はまたプロモーターであり、ナイトクラブのオーナーです。彼が負けたポット総額は何と約3200万米ドル。その後、バッドプレイが次々と続きました。彼はギャンブル史上、運の悪いポーカープレイヤーとみられています。この出来事で、彼はますます惨めに。ヘタにプレイし、トップペアにかけ金全額を乗せたのです。あまりにも恥ずかしい瞬間で悲惨なことでした。

クリス・ファーガソンとフィル・アイヴィー
クリス・ファーガソン、別名“ジーザス”は、プロのポーカープレイヤー。2000年にWSOP優勝。彼はポーカー業界で最も愛されるギャンブラーです。テーブルでのファーガソンは寡黙な存在ですが、このビデオではさらに彼らしさが出ています。フィル・アイヴィーをチラ見した時の、ファーガソンの傑作とも言える表情をカメラがとらえました。

フィリッポ・カンディオ対ジョゼフ・チョン

ジョゼフ・チョンは、驚きのハンドを2つプレイしました。残念ながら、両ハンドとも失敗でした。フィリッポ・カンディオはチョンとプレイします。しかし、マイケル・ミズラキとマシュー・ジャーヴィスは、プリフロップをプレイしました。カンディオがおろかなコールで応じたのは、面白い瞬間です。

トニーG
トニー・グーガは、オーストラリア人のポーカープレイヤー。彼は対戦相手に対し挑発的な態度をとるので人気があります。時にはプレイ中に相手に無礼な行動をとることも。しかし対戦相手のゲームを崩すために相手の注意をひくのは、考えものです。

これはすべて本当にあった、最も笑えるポーカーの瞬間集です。ぜひお楽しみください。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments