コラム 怪盗PINKID/ピンキー

【調査】怪盗ピンキーが怪しい投資「D9クラブ」にファンを勧誘!詐欺?ネズミ講?

投稿日:2017-04-27 更新日:

VAZ・NextStage所属で現時点で89万人のチャンネル登録者数を誇るYouTuber、怪盗PINKID/ピンキーがツイキャス・Twitterでビジネスの話と称して、怪しい投資案件にリスナーを勧誘しているという話がTwitterや当サイトコメント欄に寄せられました。

ピンキーが紹介する投資(D9クラブ)の詳細や危険性に関しても記載していきます。

 怪盗ピンキーがファンを投資に勧誘

4月13日にTwitterのサブアカウントで下記のようなツイートをしています。

その後開いたツイキャスの枠では突然仮想通貨ビットコインや投資で稼いでいるの話を始めて、その利益をリスナー・ファンと共有したいといい出します。

以下、コメント欄に寄せられた情報によると、

興味があるなら個別にDMもするし電話でもいい、近いなら逢ってもいいよと配信を始める
興味がある人とお金に余裕がある方だけでいい、それ以外は配信聴かなくても良いからと
口調はあくまでやんわりと、ただ今日のピンキーなんか怖いとのコメントも多数
全然怖くないから、それなら聴かなくてもいいからねと洗脳配信でしたね
その後も定期的に数回この配信を続けています

とのことです。

あくまでも18歳以上の大人が対象で、それ以下でも別のお小遣い稼ぎは紹介できるとのこと。

更に、初期投資として25~26万円程度必要になると発言しています。

 

ピンキーファンにとって、DMでピンキーと秘密を共有できる・電話もできる・もしかしたら会えるといった期待を抱いてしまう内容。

更には、自分の本業はYouTuberではなく、別で稼いでいるのである日突然動画投稿を辞めたっていい・趣味程度にやっていると発言していました。

 

その後、ピンキーの元にどの程度投資に参加したいという連絡が届いたのかはわかりませんが、ピンキーに話を聞いた方から多少の詳細を教えてもらうことができ、ピンキーが言うところの「投資・ビジネス」が実際に何を指しているか判明しました。

 

それが、D9クラブと呼ばれるブラジルのブックメーカー投資であり、怪しい・詐欺・マルチ商法・ネズミ講など非常に評判の悪い投資であることがわかりました。

 

D9クラブ詳細を読む前に注意事項

ピンキーが勧誘していた投資がD9クラブだと教えて頂いたことで、この名前を始めて目にしました。

それからいろいろと調べて見ましたが、あくまでも素人知識・素人推測で語っていますので、実際にD9の詳細を把握しており出資している方にとっては快く思わない表現もあるかと思います。

 

また、当サイト・当記事はD9クラブの様な投資案件を推奨する意図は一切ございません。

もしも興味を持ってしまったとしても、ご自身でしっかりと情報収集をなさってから、自分自身の判断で投資をして下さい。

 

ピンキーが勧誘しているD9クラブとはどんな投資なのか?

D9クラブは出資者から資金を募ってブックメーカーに投資をすることで利益を得ているブラジルの投資です。

ブックメーカーとは、イギリス発祥のスポーツ賭博の様なもので民間企業がスポーツや気象・政治などで資金を募ってオッズを決定するような、スポーツ版の競馬だと思ってもらえればと思います。

 

またこのD9クラブの特筆すべき事項に、HYIP(ハイプ)と呼ばれる高収益投資プログラムであるという点です。

月利30%という触れ込みが出回っており、100万円投資するだけで1日1万円の利益が出ると思って投資をしてしまう方も多いようです。

日本円からビットコイン取引所を経由してD9へと出資されるようです。

 

登録料・出資額に関しては下記のようにいくつかのプランに別れています。

  • ゴールドトレーダー+ 登録費用:1996ドル 配当/週:170ドル
  • ゴールドトレーダー   登録費用:  998ドル 配当/週:  51ドル
  • シルバートレーダー   登録費用:  499ドル 配当/週:  27.75ドル
  • ブロンズトレーダー   登録費用:  249ドル 配当/週:  12.75ドル

※ピンキーが勧誘の際に25~26万円必要という発言から、ゴールドトレーダー+のプランと登録手数料の合算値だと思われますので、以下ゴールドトレーダー+について記述していきます

 

ブラジルではこの様な投資案件での詐欺が横行しており、法律で不特定多数から出資を募って投資をする行為を規制しています。

しかし、D9はまず投資塾への入会(月額50ドル)をおこなった上でそのメンバーのみ(特定多数)から出資を募っているので、法律をクリアしていると言われています(脱法の様にしか思えませんが)

 

D9クラブの配当

ゴールドトレーダー+で、1口256,000円(登録手数料含:1ドル111円換算)を出資することで、毎週170ドル(18,800円)を1年間受け取れるとうたっています。

更に、年間にすると8,840ドル(98万円超)を受け取れるとのこと。

当然2口以上の申し込みも可能なので、申し込んだ口数×100万円程度の収益が受け取れると振れ込まれています。

 

上記だけならば、ただの怪しい投資案件なのですが、ここからが更に危険だと言われる「マルチ商法」「ネズミ講」の様なシステムとなっています。

 

D9クラブのボーナス

先程のような固定の収益とは別にいくつかのボーナスがあります。

 

自分が直接人をD9に紹介(出資)した場合に入るボーナスは1人紹介すると、入ったプランに応じて受け取れます(ゴールドトレーダー+に出資すると170ドル)

更に、自分が紹介した人が更に紹介した場合、更にボーナスが受け取れ、その人がまた紹介した場合は更にもらえます。

自分が紹介した人が出資(1代下)・・・170ドル

紹介した人が紹介(2代下)・・・17ドル

更に紹介(3代下)・・・10.2ドル

更に紹介(4代下)・・・10.2ドル

更に紹介(5代下)・・・6.8ドル

更に紹介(6代下)・・・3.4ドル

更に紹介(7代下)・・・3.4ドル

と、自分から見て7代下の人まで紹介料が受け取れる仕組みとなっています。

※この様なシステムは日本ではネズミ講・マルチ商法と言われています

 

更に、上記の7代下までの人が毎週の収益を受け取った場合、D9主催の塾の月謝を払った場合(先述の様に必須)等にもその金額の一部が自身のものとなります。

当然、後から加入した人が多く払うわけではなく、あくまでも同じ金額を支払った上でボーナスが出ているので、後乗りの人でも損はしていない、という方式です。

 

更に、自分の下に紹介者を二人指定して登録することで別途ボーナスが受け取れる仕組みもありますが、他者を紹介しなくても自分自身で追加で二口購入することでそこへ登録することが出来るので、誰かを誘わなくても3口出資することでボーナスが受け取れる仕組みとなっています。

 

ここまで読んでもらえれば、D9クラブが如何に儲けられるシステムで素晴らしい投資であるかという事は理解できたと思いますので、危険性について記載していきます。

 

ピンキーが勧誘しているD9クラブの危険性

投資や出資などについて多少の知識がある方はマルチ商法・ネズミ講だとすぐにピンとくるかと思われます。

 

ブラジルが本社で日本に上陸した、という紹介のされ方をしていますがブラジルではポピュラーではなく、危険性や詐欺疑惑を唱える人が多いようです。

日本で知る人ぞ知る状態にも関わらず、D9のサイト閲覧の8割は日本から・本国ブラジルからのアクセスは5%にも満たない事が判明しています。

 

更に、ブラジルのサイト(http://tenhodividas.com/d9-clube-fraude-alerta)で注意喚起されていたので要約すると、

  • ブラジル政府発行の投資許可証が偽造されたものではないかという疑惑
  • D9クラブのサイトドメインが過去に他の詐欺に使われていた
  • ブックメーカー等に投資した形跡がないので収益が生まれるハズがない

といった事が示されています。

 

日本で2016年11月頃から広まり始めたD9で、1年経っていない事から出資の満期を迎えていませんが、一度出資した資金を引き上げる・出金する方法がないという話も出ています。

毎週加算される収益も現状は数字だけであり、出金できるのかは不明とのこと。

 

D9クラブの様なHYPEと呼ばれる高利回りの投資案件にありがちなのは、最初に参加しないと儲からない仕組みだといいます。

この様な投資を運営している会社はいつか倒産・夜逃げの様な状態で運営が機能しなくなることがよくあるようで、この危険性に目をつけて初期に参加・人を集めて会社が潰れる前に資金を引き上げて稼ぐ投資家もいるとのことです。

 

ブラジルのサイトでの情報を信じると、ブックメーカーへの投資を行っていない時点で、新規加入者の出資金を他の出資者の配当に回している可能性や、そもそもサイト上の数字のみで出金ができず会社が無くなる可能性もあります。

 

非常に危険な詐欺に発展する可能性を秘めている事も上記で分かるかと思います。

 

D9クラブは詐欺・ネズミ講・マルチ商法なのか?

ここまで読むと、D9クラブは非常に胡散臭い投資である、としか言いようがないと思っています。

ほとんどネズミ講やマルチ商法と同じシステムであり、30万円弱の出資をしてまで社会勉強をしようとは思わないのではないでしょうか。

 

特に、株や投資信託の様な既存の投資に比べると不透明な部分も多く、ブックメーカーに投資していたとしてもこれだけの収益をあげられるというのは正直信じられない利益率だと思っています。

 

もしここまで読んで興味が湧いてしまった方がいらっしゃいましたら、強く踏みとどまることをオススメします。

自分自身で勉強して投資するのならまだしも、憧れの人に勧められたから加入しようという考え方は非常に危険なことだと感じています。

 

ピンキーは何故D9を勧めているのか?

当サイトに寄せられたコメント等で、この一件により完全に冷めたという声も出ていました。

先日のぷろたんのバイナリーオプション情報商材の件も含めて、YouTuberは芸能人の様な存在というよりも、アフィリエイターに近い存在だと改めて考えるようになりました。

単純にエンターテイメントや知識・教養の披露によって広告収入を得る人もいる一方、集めたファン・チャンネル登録者の中から更なるマネタイズの為に、投資案件の勧誘・自身の会員サロンへの誘導など無料で見れたものから有料コースへと段階を経て誘導している様に思えます。

※上記の行為を否定する気はありません

 

しかし、D9クラブの様な非常にグレーで危険な案件を紹介するのは如何なものかと思う反面、D9クラブというシステムが破綻した際に自分が勧誘した人にどのように説明をするのか非常に気になるところです。

 

YouTuberは視聴者が思っている以上にビジネスとして動画投稿・自身のブランディングをしている人もいる、という事を念頭において一歩引いたところから動画を楽しむ方が、結果としては裏切られた感じにはならないのではないかと思います。

 

 

最後に、本件に関して情報提供を下さった皆様、ありがとうございました。

 

 

追記:本件に関してなのか、ツイキャスでファンに対して謝罪をしていましたので、別記事にて詳細を記載しております。

-コラム, 怪盗PINKID/ピンキー
-

Copyright© ようつべ速報 , 2017 All Rights Reserved.