コラム 中堅YouTuber 大手YouTuber

「得BUY」というYouTuber・生主が宣伝しているアプリに、詐欺・ステマ・怪しいと話題に

投稿日:2017-06-21 更新日:

昨今、YouTuberや生主が紹介して話題となっている「得BUY!」というアプリ。

そのアプリが危険だ!損しかない!詐欺だ!そもそも法律違反だ!ペニオクの再来だ!という声が高まっています。

今回は、「得BUY」というアプリについて調べてみようと思います。

「得BUY!」とは?

CTW株式会社がリリースしている新感覚ショッピングアプリ「得BUY!」についてですが、「100円でスイッチやPS4が買える」という触れ込みで話題となっています。

システム的には、運営が用意した商品に対して100円を1口として購入を宣言し、他のユーザーの口数と合計して運営側が指定した口数に達すると購入が成立して、トータルの口数に対して「公平に」抽選が行われて当選すれば商品をゲット出来る仕組みとなっています。

仕組み上、商品は他のユーザーと「共同購入」という形になっているようです。

また、アプリ内通貨「コイン」も販売されており、500円・1000円・2000円分のコインを同様に100円から購入することが出来ます。

 

得BUYが批判・詐欺だと言われる理由

しかし、この得BUYというアプリはYouTuberや生主が企業案件として宣伝・紹介をして一気に広がりましたが、その内容に対して不満の声や批判が相次いでいます。

得BUYの商品が高すぎて特売じゃない

まず、得BUYが用意している商品がそもそも高すぎると言われています。

「SONY PlayStation4 ジェット・ブラック500GB」の必要口数が451口=45,100円となっており、執筆現在のAmazon最安値「29,000円」からすると16,100円も高くなっています。

 

また、仕入れ値に関しては更に低いのは当然として、運営のマージンが高すぎるのではないかという批判が出ています。

※期待値上は通常購入したほうが得

 

射幸心を煽る演出

得BUYアプリをダウンロードして色々と見てみたのですが、運営から提案されている商品の現在のユーザーが購入した口数が見れる点は良しとして、他にも射幸心を煽っているような演出がなされています。

その商品を購入したとされるユーザーと購入口数が見れたり、ユーザーが過去に購入した商品・実際に当選した商品まで見ることが出来ます。

真剣にこのアプリで当選を願っている人からすると、自分は当たっていないが何度か当たっている人がいるからまだまだチャンスが有る・・・と考えてしまうような気もします。

 

得BUYで当選した事のみをつぶやくTwitterアカウント

この得BUYを利用して手に入れた商品や得BUY自体の宣伝となるようなツイートばかりしているTwitterアカウントが確認されており、明らかに「ステマ」ではないか?と言われています。

当選した!という人物が怪しいと、プレゼントをした人物・企業まで怪しくなってくるようです。

 

得BUYがペニオクに酷似している

この「得BUY」のシステムを聞いて真っ先に浮かぶのが「ペニーオークション詐欺事件」かと思います。

ワールドオークションというペニーオークション(入札手数料式オークション)サイトで、運営側が入札者が入札すると機械的にそれより高値で入札を行い入札手数料をだまし取ったとして、詐欺罪で運営会社役員1名・社員3名が逮捕された事件です。

低価格帯の商品以外はほぼ運営側が落札することが常態化していたと言われます。

また、芸能人やネットメディアがブログなどで落札できたという記事を書いており「ステルスマーケティング=ステマ」という言葉が世の中に浸透した事件でもあります。

 

先述のTwitterや後述するYouTuber・生主による宣伝・システムメンに関してもこのペニオクに酷似している点から、危険ではないかと言われています。

 

運営企業「CTW株式会社」の住所から過去の所業が・・・

得BUYのアプリをリリースしているCTW株式会社についての良からぬ噂が出ています。

公式ページの情報より、

社名 CTW株式会社
住所 〒106-0032 東京都港区六本木1-9-10

アークヒルズ仙石山森タワー 41階

代表者 佐々木 龍一
設立 2013年8月
資本金 1億円(資本準備金含む)
事業内容
  • スマートホンアプリ事業
  • ゲームパブリッシング事業
  • スマートホン広告事業
主要取引金融機関  三菱東京UFJ銀行

 

しかし、この会社の住所に関して、過去に「THE KING OF FIGHTERS '98 Ultimate Match Online」というスマホゲームの運営元の情報に誤りがあった事件で使われていた住所と同一であるという点です。

実際に表記されていた運営会社は「OURPALM株式会社」という会社だったのですが、課金ガチャの確率が運営記載の確率からかけ離れている事を確認したユーザーが訴訟を起こそうとした際に、虚偽の住所を記載していたことが判明し炎上した事件がありました(OURPALMが訂正して公開した住所は中国)

その後、虚偽記載されていた住所にあった企業「CTW株式会社」(今回の得BUY運営元)が何故か、この件を扱ったブログ記事の執筆元に記事の訂正をしない場合は訴えるという旨のメールが来たとのことです。

 

この事件もなかなか面白いので、「iPhone GameCast」さんのリンクを貼っておきます。

 

得BUYを紹介したYouTuber・生主

「得BUY」アプリが世に広まる要因となったのが、YouTuberや生主による宣伝です。

恐らく企業案件として金銭を受け取って紹介しているものと思われます。

※YouTuberや生主に関してはもう「ステマ」というよりは「ダイレクトマーケティング」になってるかと思われます

また、動画内でことごとく抽選に当選して実際に商品を手に入れていたり、その商品を視聴者プレゼントしているのも印象的です。

分かる範囲で動画を貼っておきますが、生主に関しては疑惑が浮上した段階でタイムシフト(放送録画)を削除している方もいるようなので、画像にて紹介致します。

 

ラファエル

カブキン

ぷろたん

てんちむ

無免許チェリー

チョコレートスモーカーズ

STスタジオ

ノーブランド(KOHEY)

ニコニコ生放送生主たち

 

横山緑がリーク「宣伝すると当たるようになってる」

ニコ生界隈で得BUYの宣伝に関して話題になり始めた昨日、6月20日22時からのOPENREC公式放送「ノリミドチャンネル#13」にて、出演者の石川典行・横山緑がこの件に関してトークをしていた時のこと。

石川典行が、紹介した生主が皆商品当選しているという話をした際に、

「紹介すると当たるようになっているってティロ・フィナーレ加川から聞いた」

という趣旨の発言を横山緑がしています。

慌てて、訴訟が増えると口を噤んだ横山緑ですが、実際にニコ生にて「得BUY」の宣伝放送をしていたティロ・フィナーレ加川から聞いた話ということで、コメント欄でも驚きの声が上がっていました。

 

得BUYで当選が確定しているならヤラセ・出来レースになる

横山緑の発言が本当であれば、このアプリの紹介動画を撮影した際に「実際に購入した」と思われる行為に関して疑問が生まれます。

YouTuberに関して言えば、企業案件と抱き合わせで行われるプレゼント企画は十中八九タイアップ元からプレゼントとなる景品の提供を受けています。

しかし、そのプレゼントが得BUYで購入した物であるとすると、同時に共同購入して抽選に外れた人物がいることになります。

その場合、明らかな出来レースとなり詐欺行為にもなり兼ねないのではないかと思います。

もちろん、動画内で購入したものはハズレで、ヤラセとして当選した事にしてプレゼントをした・純粋に共同購入した商品が公平な抽選の上で当選したという可能性もあります。

 

更なる炎上をした際に、各YouTuberがどう切り抜けるのか、注目が集まる点かと思います。

 

シバター・みずにゃんも物申す

シバター・みずにゃんも「得BUY」について、名前は出さずに動画にしています。

シバターはこのアプリを宣伝したYouTuber達へ倫理観を問うような内容、みずにゃんはアプリ自体の違法性に関して論点を持っていっています。

 

また、シバターはこのアプリの宣伝を100万円程度で依頼されたと発言。

ペニオクのステマ事件の際に当時第一線だったタレント小森純ですら、紹介料は40万円だったという過去の記事を読んだので、YouTuberの影響力がタレント以上になってきているのかと実感出来る数字でした。

 

 

現時点でラファエル等の検証動画によ詐欺であるという断定は出来ませんが、更なる広がりを見せそうな「得BUY」アプリ、今後の展開に注視していきたいと思います。

続報は下のリンクより御覧ください。

-コラム, 中堅YouTuber, 大手YouTuber
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ようつべ速報 , 2017 All Rights Reserved.