コラム 社会・企業

噂のアプリ「得BUY」の必勝法を思いついて試した結果・・・

投稿日:2017-06-25 更新日:

今、YouTubeやニコ生界隈で話題になっているアプリ「得BUY」ですが、抽選システム等を調べていくうちに必勝法を思いつきました。

今回はその必勝法と検証結果を含めて記載していこと思います(本当に必勝法かどうかに関しては最後まで見ていただければわかります)

※当記事には情報提供して頂いた内容もありますが、提供者様からの意向によりどの部分が提供された情報なのかは伏せてあります

得BUYの抽選の仕組み

多くのYouTuberが企業案件であるか否かに関わらず、「怪しい」「詐欺では」という言葉とは裏腹に実際に課金して「当たった」という事実から前言を撤回していますが、実際にどの様に抽選がなされているか?ということに関してはあまり触れられていないので、「得BUY」の抽選の仕組みについてアプリのヘルプに記載されている情報を説明します。

得BUYの大まかなシステムに関しては以前の記事をご覧ください。

 

まず、ユーザーが商品を購入した時点で「ラッキーナンバー」と呼ばれる8桁の数字を与えられます。

仮に1000円=10口の商品の場合「10000001~10000010」のラッキーナンバーの中から1口に1つの数字が与えられます(複数口購入してもランダムに複数口のラッキーナンバーが与えられるため連番になるかどうかもわからない)

このラッキーナンバーが当選番号となります。

 

商品の必要口数が全て購入された=共同購入が確定された時点で、「得BUY」のアプリ内での購入記録のうち直近50個を参照して、購入時刻(時:分:秒:ミリ秒)の7桁を取得。1時23分45秒678とすると12345678となります(50個全ての購入記録・誰が購入したかという部分までユーザーは確認可能)

この購入時刻を50個合算した値がA値とされており、購入が確定された時点でユーザー側は確認することが出来ます。

 

次に、A値が発表されて以降の正時以降に発表される「気象庁の地上気象観測データ(東京)」を参照して「風速・気温・湿度」を組み合わせた値がB値になります。

1.4m/s・8.5℃・65%の場合は148565となります。

アプリ側でも記載していますが、運営側が関与できない外部のデータとして気象観測データを用いているだけであり、気象庁とは何ら繋がりはないとのこと。

 

その後、

(A値+B値)÷総口数の余りを計算して、余りに10000001を加算した数字が当選番号となり、その番号を与えられていたユーザーが当選者となります。

(計算例)

A値を12345678×50(計算が面倒なので全部同じ購入時刻=数字として)=617283900

B値を148565

(A値+B値)÷総口数=(617283900+148565)÷10=61743246・・・5となり、余り5+10000001=10000006

10000006番のラッキーナンバーを持っている人が当選となります。

 

この抽選方法は信頼できるのか?

得BUYの抽選方法は信頼できるのかという話をすると、得BUYが関与できない気象観測データが抽選方法に組み込まれているので信頼してもいいのではないかと思います。

実際に確率論として、実際の当選確率を計算するには莫大な試行回数が必要になってくると思われますので、正規の方法での検証は難しいかと思います。

また、購入するユーザーアカウントの中に運営側が用意したサクラアカウントが仕込まれていたとしても、元々の商品の至上単価との価格差は別としても、当選確率は変わらないと考えるとそれほど意味は無いのではないかと思います。

 

パチンコやパチスロの遠隔操作等を疑いながらそれに興ずる人もいますが、胴元に不審を抱く場合はそれを利用しないことをオススメします。

 

得BUYの必勝法を思いついてしまった!

ここまで調べてみたりして、いくつか気がついた事もあり「得BUYで必ず得をする必勝法」を思いつくに至りました。

得BUY内で使える通貨・ポイントがいくつかありますので、それをまとめておきます。

日本円・・・クレカや携帯会社を通じて課金して得BUY内での通貨「コイン」を購入する

コイン・・・基本的にコインを消費して商品を購入する(100円=100コイン)

ポイント・・・1コイン消費すると10ポイント、毎日アプリを使用(チェックイン)すると加算される(1000ポイント=1コイン)

 

アプリ内で使用できるのはコインのみなので、コインの総数を増やせば実質的に得をしたことになります。

そのため、ポイントを獲得し続ければコインを得ているのと同様の意味合いになると考えました。

 

毎日チェックインボタンを押すだけでは、50ポイント=0.05コイン=5銭しか得にならないのですが、得BUYアプリ内ではコインも出品されており、一般の商品と同様の方法で購入することが可能です。

「得BUY-1000コイン」等と書かれた商品ですが、500コイン・1000コイン・2000コイン・5000コインと一定金額のコインが出品されています。

コインを使って抽選でコインが当たる!夢のようなシステムです(法律的にはどうなのかは専門家に任せます)

絶対に負けないように全口買い占めてポイントゲット!→買ったコインでまたコインを購入してポイントゲットということを無限ループさせることで、無限にポイントが貯まる必勝法を思いつきました。

得BUY必勝法を検証する

思い付いた得BUYの必勝を検証するべく実際に課金。

しかし、問題となったのは誰も買っていない「コイン」がなかったこと。

全てを購入するには出品されてから他のユーザーが購入する前に買い占める必要があるため、一度断念して他の人が購入しているコインを試しに購入してみました。

得BUY コイン 20170625-2

得BUY コイン 20170625-3

 

※実際に購入した商品画面は上記と同様ですが、開催回(第3716期)に関しては別のものを使用しています

 

実際に1000コインを5口購入(当選確率50%)したところ、見事に当選!

しかし、実際に商品を受け取ってみるとおかしな事に気が付きました。

所有コインが増えてない!

1000円課金して1000コイン所有→500コイン消費→1000コイン当選したはずなので、1500コイン持っているはずですが、所収しているのは500コインだけ。

当選番号・当選者を再確認して受け取りに関してももう一度確認したのですが「受取済」となっています。

これはまさか・・・と思ったのですが、いろいろとイジっていてこの謎がなんとか判明しました。

 

コインを購入したつもりが割引券を渡される

自身のアカウント情報から購入履歴や当選履歴が確認できるメニューの中に「割引券」というメニューがあります。

キャンペーン等で割引券が獲得できるものと思ってスルーしていましたが、何故か割引券に1000コイン分の割引券がありました。

 

得BUY 割引券 20170625

※画像はその後の検証のために割引券使用後の履歴です

アイコン画像には「割引券1000コイン」と記載されていますが、右側の説明欄には「1000コイン商品」というちょっと意味の分からない日本語が書かれています。

有効期限が18年1ヶ月という長期間な点は評価できますが、使用するには分割が出来ないため額面以上の注文でしか使用することが出来ないようです。

私が購入した商品は1000コインだったはずなのに、何故か割引券1000コインにすり替わっていました。

 

割引券になってしまった謎は置いておいて、この割引券はコインとは別物なのか、割引券と残っていたコインを利用して再度検証して判明した事を列挙。

  • 割引券はコインと併用可能だが割引券の額面以上のコインを一気に使わないと使用できない(1000円割引券で残り9口の商品は購入不可)
  • 割引券を使用してもポイントを獲得できない

という事が判明して、残念ながら必勝法は必勝法ではなかったという結果になりました。

 

まとめ

私が考えた必勝法は全く通用しないことがわかりました。

しかし、何故「コイン」を購入したのに「割引券」が渡されるのかという謎がでてきました。

 

また、現在「得BUY」アプリの抽選結果を見てみると、体感で8割以上がコインの抽選になっています。

金額的にも少額で当たる可能性・必要口数が少ない等の要因があるとは思いますが、この「割引券」を獲得してから実際の商品購入に挑戦しようとしている人が多い様に見受けられます。

 

控えめに言って、面白いアプリだと思いますが、自己責任で利用することをオススメ致します。

おすすめ記事

1
2
3

-コラム, 社会・企業
-

Copyright© ようつべ速報 , 2017 All Rights Reserved.