YouTuberになりたい コラム 零細YouTuber

YouTuberになりたいのか?有名人になりたいのか?金持ちになりたいのか?

2016/10/06

YouTuberになりたい・・・

そう思う人も少なくなくなってきた昨今、YouTuberの定義がYouTubeに動画を上げている人という定義であれば、お手持ちのスマートフォン一つで簡単にYouTuberになれてしまいます。

しかし、そういった人は実際のところの目標をどこに設定しているのでしょうか?

  1. YouTubeというフィールドで動画を上げて活躍したい
  2. 有名人になってチヤホヤされたい
  3. YouTubeに動画を上げてカネを稼ぎたい

この3つに分類されるのではないでしょうか。

適当な動画を上げている人はだいたい2番目か3番目の理由かと思います。

もっとも、初期のヒカキン等を見ていると、明らかに2番目です。

 

かくいう私もたまにYouTuberになりたくなるのです(3番目)

でも実際問題カネを稼ぐなら就職したほうが簡単に稼げるのでやりませんが・・・

 

ヒカキンに学ぶ先手必勝理論

なんとなく動画を上げていても、今後この分野で有名になるのは難しいです。

色々なことに挑戦することを妨げるつもりは一切ありません。

アイドルや芸人になりたくて養成学校通ったからって有名になれないのと同じです。

同業他社となるライバルが多すぎます。

 

HIKAKIN

ヒカキンが有名になる前は、あの商品紹介したりってポジションにいたのはほんの数人。

(当初は商品紹介だけではありませんでしたが・・・)

自身の名を世界に広めたボイパも、YouTubeや世間の著作権に対する考え方が厳しくなったことにより、簡単に既存の楽曲をボイパで披露することも難しくなっています。

そのボイパを封じられても動画を投稿し続ける彼ですが、今この時代からヒカキンという人物が動画を投稿し始めたとしても恐らく流行ることはないでしょう。

 

YouTubeは早い者勝ち

要は『早い者勝ち』の世界です。

誰もやっていなかったことをして注目を集める、自らのキャラクター性を売り出す、

集客とブランディングが上手くいけば、今後のYouTube界でも有名になれるのではないでしょうか。

それには、誰もやっていない(正確には伸びていない)ジャンルを探すこと。

政治ネタやニュースネタ動画(KAZUYAがいますが、政治的思想が強いので嫌悪している人も多い)

あるジャンルに特化した商品レビュー(マック堺の様にミリタリー特化など)

この辺が伸びる可能性があるジャンルでしょうか・・・

もちろん、企画やネタ系などの需要はまだまだありますが、本人のキャラクター性やトークスキル等それこそ才能とチャンスに恵まれた一部の人が台頭するくらい。

 

オワコン化も・・・

しかしながら、一時代よりも動画閲覧数が落ち込んだYouTuberも多いのも事実。

名前はあえてあげませんが、オワコンYouTuberと言われるような人々。

若さを売りにしたら歳を取ってしまう、笑いに対する価値観が一般と離れてしまう、依存していたコンテンツの人気に陰り、同業他社がワラワラ湧いてしまったetc...

人気商売だけあって人気が無くなればそれで終わっていってしまいます。

動画投稿すること自体が楽しいのであれば、気にならないでしょうが職業として・商売としてYouTuberをやっていると恐らく精神的に辛いのではないでしょうか。

 

それでもYouTuberになりたいなら

先程も述べたように、挑戦することを妨げるつもりは一切ありません。

動画を出すことで自身の個人情報が出てしまう可能性もあります。

そのリスクを犯してでも動画に挑戦するのであれば、応援できる事ではないでしょうか。

YouTubeを見ている側とすれば、たまに面白い動画やYouTuberに出会えるので大歓迎。

もしもこの記事を見ているYouTuberの卵の方で、記事にしてほしい方がいましたらご用命ください。

動画内容を見た上で記事化の可否を決めますが、紹介記事等を書かせて頂きます。

 


-YouTuberになりたい, コラム, 零細YouTuber
-