PDRさん PDS コラム 事件・事故

PDR家へ警察が出動する騒ぎ・・・ペイン家で一体何が!?黒幕はPDS!?

2016/10/15

 PDR・mimei夫妻の自宅で事件発生!?

pdr

ことの発端となったのは、PDRさんの1つのツイート。

現在はPMSに諭されたタイミングで削除してしまい、添付されていた画像だけが残されています。

PDR 喧嘩

画像の内容は、

他に連絡するところがないのでここで言います。俺がいない時に家のドアを無理やり開けようとして、俺の嫁を怯えさせたことについて謝ってください。俺の心配をして来たとしても、そういう犯罪まがいなことをするのはおかしいと思う。

と、PDRさんツトッキーという人物に宛てたツイッターのDMだということが確認できます。

 

ツトッキーなる人物、私も本件にて知ったのですが、

PDRさんやPDSなどペイン兄弟にとって従兄弟にあたる人物で東大生だそうです。

ツトッキー 20161012

 

一体何があったのか・・・PDRさんの嫁、mimeiがいくつか気になるツイートをしています。

 

PDR不在時に事件!?警察介入!?

mimeiのツイートによると、

@paindante17とはPDSのことです。

PDRさんがツトッキーに問い詰めているのにも関わらず、mimeiはPDSに対して問いかけています。

本件について、ツトッキーもPDSも一切のコメントをしていません。

様々な憶測が広がり、外野からの声(後述のPMS)もありファンが心配しmimeiにリプを送っていると、ついにmimeiが語りだします。

日曜日にダンカンがいない時に

男3人が家に押しかけてきた。

3日前だったけど

家にいるだけで怖い。

動画撮ろうとしても

カメラの前で泣く。

本当嫌。

やった人たちみたいに

私も笑顔で動画を撮りたい。

更に心配するフォロワーの声もあり、

優しいリプいっぱいありがとうございます。

リスナーじゃなかったです。

家に入ろうとしたけどなんとかドアを閉めることが出来ました。

警察は呼びました。

心配をかけてごめんなさいm(._.)m

早く元気になれるように頑張ります。

と、警察の介入があったことが語られています。

 

リスナーではない=知らない人ではない、と考えるとツトッキーもしくはPDS、または両名による犯行ではないかと深読みできます。

「やった人たちみたいに私も笑顔で動画を撮りたい。」というmimeiの発言より、動画撮影をしながら家に入っていったようです。

 

PDRに噛み付くペイン家次男PMSが事件に言及・・・

本件にいきなり噛みつき出したのが、PMSこと吉本のお笑いコンビ『ギャラガー』のミカイルこと、ペイン・ミカイル・森之介がツイッターにて発言しています。

現場にいないから、断言はできないけどツトッキーがそんな怯えるほど無理やり開けようとするとは思えないし、それをここでそうやって晒して悪者っぽくするのが1番卑怯で悪質だと思うけど??

彼らに聞いたところちょっと閉めようとした所を止めただけで無理やり開けようとしてる事はないと聞きました。 以前のサイモンの動画もそうですが、いつもネットで晒して一方的に悪者にするやり方は胸糞悪いです

と、大嫌いな兄PDRを批判するような切り口で発言しています。

(この発言はギャラガーのコンビアカウントで呟かれています。)

そして自身のアカウントで、

と、発言。

家庭内の問題をツイッターに持ち込んで批判している自身へ特大ブーメランが返って来ていることは置いといて、

結局、事件の詳細はわからず終いでした。

 

PDR家事件の推測

被害者のPDRさん・mimei、加害者とされるツトッキー・PDS、外野から声を上げるPMSとペイン家総動員となった今回の事件。

PDRさんからの画像・mimeiとPMSの発言からしか事件が見えてきませんが、一応まとめてみましょう。

ペイン家 20161012

犯行は2016年10月9日(日)、PDR夫妻宅にPDR不在時に3人の男がカメラを向けながら押しかけてくる。

ドアを開けてしまい、閉めようとしたが一悶着。

なんとかドアを締めて警察へ通報。

mimeiは本件で怯えている。

犯行に関わった3人の男は、従兄弟のツトッキーとPDS?

PMSは関わってないが、ブツブツ言っている。

以上が断片的な情報からのまとめです。

PMSは幼少期から他の兄弟と仲が悪い、

PDRさんとPDSは『PDS婦女暴行事件』を皮肉られて断絶。

※この事件が明るみにならなかった場合、PDSは芸能プロダクションのケイダッシュ所属となっていたとか・・・この事件で彼の人気が急降下したのは間違いがない。

と、ペイン3兄弟は北斗4兄弟並にイザコザが耐えないのですが、PDRさんとPDSの仲直りはまた遠のいたと考えて良いのではないでしょうか。

 



-PDRさん, PDS, コラム, 事件・事故
-,