コラム 横山緑

暗黒放送 横山緑が不倫の末、離婚秒読みか!?疎遠の義父まで介入!?

ニコニコ生放送の人気生主 暗黒放送 横山緑 の不倫騒動に進展。

関連記事:
人気生主『横山緑』の浮気写真が流出!!離婚の危機か!?
横山緑 浮気写真流出について放送で謝罪!不倫で離婚調停開始!?

生放送での謝罪時に離婚調停という発言があったものの、調停という言葉を使ってみただけだったようで、調停というより夫婦間での話し合いだったようです。

家族旅行に行ったりと関係改善に勤めている様に感じていましたが、この度配信上での嫁とのやり取りで更に溝が深くなっている事が判明しました。

 

そもそも横山緑の離婚の可能性は低かった・・・

嫁のパンダから離婚して欲しいと迫られている、という発言を行っていた横山緑ですが、実際に離婚するにはパンダが越えなければならないハードルが幾つかありました。

  • 結婚経緯の問題
  • 金銭的な問題
  • 実家の問題

この辺がネックになっていたと考えます。

自他共に認めるアスペルガー気質な横山緑がそこまで考えていたのか?という点はわかりませんが、アスペルガー気質だからこそか現状を打開するための策を練っていないようです。

本人も、「もう、取り返しのつかないとこまで来ちゃってるのかなぁ」とボヤいていますが、実際に横山緑が大ピンチなのは確かです。

横山緑は不倫の末の結婚だった

そもそも、嫁のパンダは配信者横山緑のリスナーでした。

名言こそされていませんが、長男であるセンパチ君出産時に横山緑が出産費用が高い・保険が効かない等と意味の分からない発言を繰り返していました。

多くのリスナーの推測や、他の配信者の調査により、驚愕の事実が判明。

  • パンダは元々既婚者で、横山緑とは不倫関係だった
  • 離婚後6ヶ月経っていなかったので、出産時に横山緑と婚姻関係はなかった
  • 上記の理由から法律上、息子センパチは元旦那の子供

人気生主ウナちゃんマンに元旦那と思われる人物からのスカイプ凸や、鮫島による内偵により推測されています。

医療費問題を口にしなくなったので、センパチは横山緑の養子として迎えられたと予測できます。

 

上記より、パンダにとって不倫は自身の痛点でもありあまり強く出れない要因だったことは確かです。

しかし、何度か別の浮気疑惑(決定的証拠なし)で離婚疑惑で家を出ていったこともありました。

今回は第二子が生後間もない事や、一人で乳児・幼児の二人を連れて行かなければならないことから、実家のある北海道へ一人で戻る事は容易ではありませんし、後述する問題も絡んで離婚は現実的ではなかったのです。

 

横山緑嫁が離婚に踏み切れない金銭的問題

横山緑夫婦のお財布に関してですが、横山緑から生活費を嫁に渡す制度となっています。

また、他の生主やリスナーからその金額が子供が二人いる状態では少なすぎる、と言われています。

(経済的DVという状態だと、離婚時の慰謝料増額の可能性も・・・)

前述した北海道の実家へ戻るのも難しく、都内のホテルで長々と別居するには金銭的に無理があります。

もちろん、同居した状態で弁護士を立てて調停へという流れもありますが、離婚後の慰謝料や生活費に関してどの程度貰えるのか?という問題や、横山緑自身が人気商売であり人気が陰って収入が減った場合に養育費が支払われなくなる、という事も重々承知していると思われます。

 

 

横山緑夫婦は嫁の実家と疎遠

離婚して頼るところ、といえば実家ですが、不倫の末の結婚という理由もあり実家とは疎遠だと言われています。

横山緑自身、結婚の挨拶をしようとしたが義父に「顔も見たくない」と言われ、一回も会っていないと吐露していました。

仮に離婚をするとして、現在の乳児+幼児がいる段階で実家の両親の協力を得れないというのは物凄く辛い状況でもあります。

金銭面・精神面・労力面全てにおいてピンチに陥る事は容易に想像できますので、パンダが離婚に対して強く出れないのではないでしょうか?

 

横山緑夫妻が放送中に不倫に対して口論!?義父が介入!!

事件は横山緑と親交の深い配信者『野田草履P』が配信上で他の配信者に対しての名誉毀損で訴えられた件で、野田草履とともに弁護士の元へ相談に行った事を報告していた時に起こりました。

放送開始から不倫に関するコメントも軽く受け流していた横山緑。

「不利益を被る」という発言をコメントで「不倫えき」などとなじられても「不倫えきじゃないですよ、不利益でーす」と訂正していたのですが、野田草履に関する報告とともに『不倫・弁護士・裁判』というキーワードを並べていたこともあり、

嫁のパンダが「もうやめて・・・」と、横から泣きそうな声で訴えかけてきました。

 

横山緑が「野田の話だって!」と反論すると「電話かかってきた、お父さんから・・・出せって・・・」とパンダが言います。

横山緑:「何を出すん?俺を?親から?」

パンダ:「めっちゃキレてる・・・あとで電話してもらっていい?恐いもん・・・」

横山緑:「だから、放送上の話でさぁ・・・」

パンダ:「そっちに電話くるかもしれない、気をつけて・・・」

 

そして、リスナーからイタズラ電話があるも動揺を隠せない横山。

コメントは「オヤジに土下座行け」等と上記の会話に対する反応で埋まります。

一旦、カメラの前から姿を消しパンダと話に行くと、「DV DV」とコメント欄が更に湧き上がります。

 

姿こそカメラには写っていないが、

パンダ:「書かない理由を教えてよ!」

横山緑:「え?書く理由がなんだよ・・・なんで書くんだよ?」

パンダ:「なんで?書かない理由を教えてよ!!」

横山緑:「普通に書きたくない」

パンダ:「理由がわからない!」

横山緑:「書かないから、書く理由がないから・・・」

パンダ:「理由があるでしょ?不倫したじゃんか!!!」

横山緑:「それについてはキッチリ・・・駄目なんか?」

パンダ:「私その、日に日に酷くなるその暴言にもついて行けない・・・私ロボットじゃないから!!!」

横山緑:「いやいや関係ないから・・・」

パンダ:「何?その理由は?」

横山緑:「大変だから・・・」

パンダ:「えっ?」

横山緑:「大変だから!」

パンダ:「誰が?」

横山緑:「俺もそっちも・・・」

パンダ:「私が大変だよっ!!!バカっ・・・」

 

と、夫婦の口論があり全て放送に乗ってしまっている横山夫妻・・・

コメントは「離婚・離婚届・離婚調停」と大盛り上がり!!

上記のやり取りの後、横山緑が戻ってくるも動揺を隠せないまま、義父が放送を見ていることを気にしてか、配信で全て本当のことを話していると思わないでもらいたい、と切り出す。

家のために頑張ってる、と弁明するもコメントの反応はやはり変わらず・・・

そして、

「もう取り返しのつかないとこまで来ちゃってるのかなぁ・・・こうなると・・・うん・・・」

と、自身の心情を吐露していました。

 

その後、他の話題に移るも、長男センパチ君・長女センパコちゃん(共に仮名)両名が泣き出してしまったため、パンダがセンパチを外へ連れ出し、横山緑がセンパコをあやしながらカメラの前へ。

センパコちゃん配信初登場となりました!!!

横山緑 センパコ20161030

コメントの緑文字『最後の共演』が虚しく感じます・・・

 

横山緑の離婚は義父の介入により秒読み段階!?

前述のやり取りからわかるように、疎遠と言われていた義父が横山緑の暗黒放送を監視していることが判明・更にパンダと連絡を取っていることまでわかりました。

義父がパンダを支援すると考えると、先程示した金銭問題や子育てに掛かる労力などの問題が一気に解決!

発端が横山緑の不倫なので、裁判に発展させれば離婚は決定的です。

関係改善の道を探すべき横山緑は先程の様に弱音を吐く状況・・・

今後も暗黒放送に目が離せない状況となってきました!!

 

 


-コラム, 横山緑
-