MCN・事務所 コラム

MCNと事務所の違いって!?ヒカルのNextStage設立によって更に勘違いされるこの2つを説明します

ヒカル・ラファエル・禁断ボーイズによる新事務所『NextStage』設立により、UUUMやジェネシスワン設立時の様にYouTube界は一大ムーブメントの様相に。

MCN=YouTuber事務所という説明は間違いではないですが、ちょっと違います。

他のYouTube関係のサイト運営者様のサイトを見ていると、意外とMCNと事務所について混同していらっしゃるようで(かくいう私も最近まで理解していませんでした)

YouTubeコメント欄でも、桐崎栄二事務所騒動や今回のNextStage設立でも大半が理解していないようで・・・

(まぁ、コメント欄のキッズに理解できるように説明する能力はありませんのでご了承ください)

ちなみにNextStageもVAZもMCNではありません。

では、これから説明していきます。

 

 

MCNの定義・役割とは?

マルチチャンネル ネットワーク(MCN)とは、複数の YouTube チャンネルと提携し、視聴者の開拓、コンテンツのプログラミング、クリエイターのコラボレーション、デジタル著作権管理、収益受け取り、営業などを含むサービスを提供するサードパーティ サービス プロバイダです。

MCN や他のサードパーティ サービス プロバイダは YouTube または Google が承認支持しているわけではありませんが、YouTube 認定資格を取得したサービス プロバイダの一覧をクリエイター サービス ディレクトリでご確認いただけます。

MCN との契約

MCN との契約には法的拘束力があるため、十分な情報に基づいて判断することが重要です。契約にあたっては、顧問弁護士に相談することもおすすめします。

MCN に加入する前に、契約内容にすべて目を通し、少なくとも次の項目について理解するようにしてください。

  • MCN から請求される料金
  • クリエイターのチャンネルに提供される具体的なサービスとサポートレベル
  • MCN に対して果たす必要のある義務
  • 契約期間
  • 契約の終了方法
収益と受け取り

MCN に加入すると、クリエイターの収益はすべて MCN の AdSense アカウントに送られ、MCN はクリエイターの YouTube アナリティクスの収益データにアクセスできるようになります。

利用規約に記載されているとおり、MCN に加入しても YouTube との収益分配率には影響しません。一般的に MCN は、収益から一定の割合を差し引いた金額をクリエイターに支払います。

MCN によっては、チャンネルの全体的な収益を向上させるためのブランド スポンサーシップや専属の営業チームなど、付加的な収益獲得の機会をクリエイターに提供する場合もあります。このようなサービスが MCN から提供される場合は、契約書に明示されていることをご確認ください。

MCN の適切な運営方法
すべての MCN は、次のような YouTube がおすすめする運営方法を実践して、加入したクリエイターに価値を提供する責任があります。

  • MCN に加入するようチャンネルを勧誘するために、スパム行為や誤解を招く言葉を使用しないこと。
  • 提供するサービスとサポートレベルを契約書に明示すること。
  • 提供するサービスや契約上の義務について、誠実に、透明性をもって対応すること。
  • 契約内容に従ってチャンネルの加入と離脱に対応すること。

これらのおすすめの運営方法を遵守しない MCN は、アカウント機能を失い、収益受け取りができなくなることがあります。MCN が YouTube のポリシーに準拠していないと思われる場合は、クリエイター サポートチームにお問い合わせください。

以上がYouTube ヘルプからの出店となります(全文が見たい方はリンクから飛んでください)

Google関連企業特有の微妙な日本語訳のため意味合いがいまいちわからない文章もあります。

 

MCNはYouTube及びGoogleが承認支持しているわけではありません、という文言もある通りMCN自体はYouTuberと同様にYouTubeにアカウントを持っているプロバイダであり、YouTubeの子会社などという事ではありません。

承認支持をしていない=何かあっても責任はYouTube・Googleに一切ないということだと受け取れます。

引用文の終盤より、YouTuberが規約違反でチャンネル削除されるのと同様に、MCNも運用を誤るとアカウント停止に陥るようです。

MCNとしてYouTubeに登録する方法は定かではありませんが、個人のYouTubeチャンネルの収益を全てMCNアカウントに送られることから、簡単には登録できず厳しい審査があると考えられます。

 

上記の収益の移行により、MCNに所属しているYouTuber=チャンネル収益を移されているYouTuberと定義つける事ができます。

また、MCNはYouTuberから収益をYouTubeから直接受け取っているプロバイダということになります。

この辺が事務所所属の人との違いになりますが、後述します。

 

事務所の定義・役割とは?

事務所と言ってもいろいろありますが、MCN=YouTuberの事務所という中途半端な解釈がいろいろとめんどくさくしています。

YouTuberにとっての事務所は、芸能人にとっての芸能事務所のようなものと考えると、それも複雑です。

そもそもYouTuber自体が自ら仕事=チャンネル運営をして広告収入を得ていますので、芸能事務所の様にテレビに出演するコネが必要ありません。

一番の役割としては、YouTuberという個人または個人事業主では獲得できない社会的信用を得るための組織といったところではないでしょうか。

 

事務所によるイベント運営

禁断ボーイズがNext Stageに参加した理由にも上げたように、YouTuber自体が有名になればオフ会などでも会場を押さえなければいけなくなります。

公園や路上だと人が集まりすぎる事で、他者へ迷惑がかかったり警察が介入してくることもあります。

そこで事件や事故が起きてしまうとYouTuberが警察へ出頭し説明しなければならない可能性も。

その為、オフ会やイベントを開くのにそれなりの会場が必要になるのですが、YouTuberという職業自体の社会的認知度・YouTuber自身の知名度により会場を抑える事が出来なかったりします。

(どこの誰だかわからない個人に会場を使わせて使用料の支払いが出来るか?会場が破損した際の補填が出来るか?そもそもイタズラで予約したはいいが当日姿を現さず逃げられてしまうことも考えられます)

禁断ボーイズを例にあげれば、変な髪の色の若いのが会場を貸してくれ、と言ってもそうそう貸さない・・・

さらに、UUUMやジェネシスワンが行っているような入場料を徴収するイベントの開催・それに関わる管理も可能になっていきます。

 

事務所を通した企業タイアップ

同様に社会的信用が必要なのが企業タイアップです。

タイアップする企業側もYouTuberに新商品の紹介を依頼したとして、期日までに動画投稿されなかったら・・・と考えるとやはり社会的信用がある法人の方がいいでしょう。

タイアップの窓口として事務所を通すという事になりますし、タイアップに適したタレント(YouTuber)探しや依頼料交渉なども一括で慣れた職員が対応してくれますし。

言うなれば、広告代理店のような働きをしてタイアップの依頼料の一部をマージンとして受け取っている部分があります。

 

事務所という名のブランド力

最後に、ヒカルがNext Stage設立での効果で一番期待しているブランド力があります。

UUUM設立によりYouTube専用事務所が認知され、UUUMネットワークが設立されて若いYouTuberは結構加入していましたね。

それがブランド力なのですが、ヒカキンやはじめしゃちょーと同じ事務所というブランドを得ることが出来ます。

(知っての通り、UUUMとネットワークの間には大きな壁があるので、ネットワーク所属であるブランド力は薄いです)

 

以上より、事務所の役割やメリットをまとめると

  • 社会的信用
  • 企業タイアップ
  • ブランド力

の3つがあげられます。

 

事務所に所属すればMCNに加入するメリットがない!?

これまでの説明を読んでもらえると、事務所のみに所属してMCNに加入するメリットが無いように感じます。

その両方の役割を持っているUUUMへ加入すれば滅多なことがない限り、MCNへの登録が必須となります。

MCNというシステム自体がYouTuberから金銭を徴収する体のいいシステムに感じられるかもしれませんが、YouTube側と直接交渉できるという点で大きく違ってきます。

 

YouTube側のMCNの説明より、広告料の相違はありませんし著作権侵害や規約違反がゆるくなる事はありません。

しかし、UUUMが提供しているような著作権をクリアした音源の提供が得られる点や、ゲーム実況におけるゲーム映像の著作権をクリア出来る点などがあります。

 

楽曲使用の著作権

YouTubeにアップロードした動画内に著作権のある楽曲が含まれている場合、機械的にどの楽曲か判定されて収益化出来ない動画となります。

(※楽曲の著作権管理者へ動画の収益権が移されます)

いくら、許可を取って動画概要欄へ記述しても機械的に判定されているので意味がありません。

そのためにMCNを通して、この楽曲は許可を取って載せていますという証明をしてもらうことで、収益化停止をされずに動画を投稿できます。

 

ゲーム実況に関わる著作権

ゲーム実況も同様でゲームの映像やBGMなどの楽曲にも著作権があります。

マインクラフトは実況・動画公開はOK(一応ルールはあります)、任天堂も登録制なのですがOKです。

しかし、ゲームメーカーによっては動画公開をNGにしていたり、一部分のみNGとしていたりと対応は様々です。

動画投稿が許可制のメーカーもありますが、許可の窓口としてMCNが働いていたり、ゲーム内楽曲も先述の通り著作物ですのでその許可証明をする組織としてMCNの役割はおおきいです。

(※後でまとめますが、ゲーム実況に強みを持つMCNも存在しています)

 

 Adsenseアカウントに関わる交渉

ここからは私の推測を交えますが、YouTube関係での規約違反と取られてしまったものの意見具申方法としての役割です。

あまり、YouTube視聴者は気にするところではないのですが、YouTubeの広告は表示された時点で多少の収益になり、クリックされると更に収益になる、という考え方が一般的です。

表示でも0.01円未満で、クリックで数十円、平均して1再生0.1円と考えるとわかりやすいです。

(これにはチャンネルによっても誤差があり、クリックしてもらえる確率の他、表示される広告にもよりますので個人差が大きいです)

当然ながら、広告をクリックしてね♪という依頼は規約違反となり厳格に処分されますが、依頼したかのように急激に1つのパソコンからのクリックが増えたらどうなるでしょうか?

高確率で広告収益を止められます。

(ブロガーの間では有名なアドセンス狩りという行為です。)

アンチが増えるとそのような行為をされることもあり、収益化停止されてしまったら復活の見込みがありません。

YouTubeの広告を管轄しているGoogle Adsenseという部門は意見具申をほとんど聞かないことで有名です(電話窓口なども閉鎖されました)

Googleグループ全体がその傾向にありますが、NGを出すことがあってもNGの明確な理由を当事者に公開する事もしませんし、その後の利用ができなくなる事も・・・

Adsenseは特に厳しく、一度 Adsenseアカウントを停止されると一生その人物はアカウントを作れないと考えてもらっていいでしょう。

たとえ、先程のクリック増加がアンチのアドセンス狩りでありそれをメールしたとしても対応しないでしょう。

じゃあ、どうするの?と思う方もいるでしょうが、ブロガーでもそれが理由で引退する人もいるくらい深刻な状況となります。

そこで、仲介してくれるのが、MCNなのではないでしょうか。

意見が100%通らなくても、 Adsenseアカウント復活方法を交渉してもらったり、原因の詳細を調査してもらったりと、YouTube・ Adsense側との交渉役として活躍出来る立場にあると考えます(実際のところ推測)

 

MCN・YouTuber関連事務所一覧

日本国内で活動をしているMCN及び事務所全てを記載しているわけではありません。

有名所や大手YouTuberを抱えているところ・特筆すべきところを中心に説明していきたいと思います。

後で詳しく書きますが、UUUMの対抗勢力として名高いジェネシスワンはMCNでなかったり、実はMCN所属だったり等この辺の事情を調べていくと結構面白いことが半目します。

余談ですが、事務所に入らない→MCNには加入している・MCNには入らない→事務所所属というYouTuberの微妙なニュアンスの発言に今後留意してもらえると、違った楽しみができるかと思います。

 

UUUM・UUUMネットワーク

ウーム株式会社が運営する日本初のYouTuber専門事務所として創設されたUUUMと、その2軍組織としての意味合いが強いUUUMネットワークについてです。

両者ともにMCN兼事務所という立ち位置です(UUUM本体とネットワークは実際には別のMCNとして登録されています)

業界でも不動の認知度1位であることは言うまでもなく、ヒカキンやはじめしゃちょー等日本のトップYouTuberのほとんどが加入している印象です。

所属クリエイターやUUUMという会社自体のイメージを大事にしており、テレビ等でYouTuberという変な人を紹介するような番組には一切協力しないようです(その役割がシバターに回っていた模様)

一方でみんチャン!の様なYouTuberによる番組や、YouTuber自体の人気を紹介するような番組にはヒカキンやはじめしゃちょーも出演しています。

 

下部組織であるネットワークは発足当初から批判の的となっており、子供から金を巻き上げるシステムと揶揄されることもあります。

加入特典の一部に魅力を感じたYouTuberの中で、既に脱退済の方もおり実情やズサンな管理体制について避難されています。

UUUM所属YouTuberは、ヒカキン・セイキン・はじめしゃちょー・瀬戸弘司・フィッシャーズ等など上げればキリがありませんが、最近は桐崎栄二の登録MCNがUUUMになっていたことでも話題になりました。

ネットワーク所属YouTuberは有名になるとほとんどがUUUM本体へと所属が移るのですが、意外なところでは禁断ボーイズもMCNとしてのUUUMネットワーク(UUUM2)に所属しています。

 

The Online Creators

YouTubeの一般ユーザーの方には馴染みがないと思いますが、日本初のMCNとして登録されたのがThe Online Crreatorsです。

実態もいまいちわかりませんが、企業タイアップ案件を受注してYouTuberに流す事業もおこなているようです。

事務所としてYouTuberのプロデュースをしているというよりMCN事業に特化企業からのMCN登録を受け付け、個人による登録を受け付けていない印象です。

所属YouTuberとしては、マホトを柱としたジェネシスワン所属YouTuberUUUM所属のABTVnetworkもMCNがオンラインクリエイターズとなっています(一部例外はあります)

さらに、企業系チャンネルの登録も多く、パチンコ関連のチャンネルの多くはコチラのMCNを利用しているようです。

 

BREAKER

日本国内ならず海外までもマーケティング範囲としているMCN。

日本独自の文化を海外へ広めることを目的としているようで、社長も海外の方のようです。

所属YouTuberは、MegwinTV・劇団スカッシュ・財部亮治が有名所です。

更にはUUUM旗揚げメンバーでもあるビロガーのアリことari keitaが動画キュレーションチャンネルとして運営していたVEST MEDIAも所属しています(アリ自体がニッチな世界を好み、UUUM脱退・YouTubeからFacebookにプラットフォームを移していますが、こちらのチャンネルはBREAKERがMCNとして登録されています)

 

OmO・吉本興業

お笑い芸人が多数在籍している吉本興業及び関連会社の、所属タレントのYouTubeチャンネルをメインに据えているMCN。

若干複雑になりますが、お笑い芸人・タレントとしての事務所がよしもと、MCNは吉本興業名義、よしもとのYouTube事業がOmOとなるようです。

(無断でYouTube活動を行うと闇営業等と言われてしまうので、OmOを通す必要があるのかと推測)

所属YouTuberは、本能寺の変でおなじみのエクスプロージョン・はいじぃ迷作劇場・鈴川絢子・吉本興業を退社したエッグ矢沢も継続してOmOを通してMCN登録されているようです(OmOの公式ページからは削除)

 

ガジェクリ

ガジェット関係に強みをもち、ニュースサイト等を運営しているガジェット通信を母体とする、ガジェ通クリエイターネットワーク(ガジェクリ)として提供しているサービス。

MCNとしての特徴はゲーム実況の版権管理に特化しています。

もともとは、YouTubeというよりニコニコ動画のゲーム実況者に対しても版権許諾を得ていたりしたので、ニコ動出身のYouTuberもコチラに加入しています。

(ゲーム実況者の多くは事務所などのブランドに興味を持たないため、加入しても告知しないケースが多いです。)

ニコニコ生放送でのゲーム系番組の運営も行っており、マックスむらいの起用が目立ちますが彼は自身でMCNアカウントを持っているため所属はしていません。

また、YouTubeでのゲーム系公式放送となるGooglePlay GameFestなどの運営もコチラのガジェット通信が担っています。

(司会進行のひげおやじさんはガジェット通信の社員です)

所属YouTuberは、赤髪のとも・キヨ・恭一郎などですが、特筆したいのがヒカルです。

ヒカルは元々ヒカルゲームズを運営していたため、ガジェクリに加入しているのだと思いますが、ヒカルゲームズ・ヒカル(実写チャンネル)・まえす名人こっしゃんの単独ゲームチャンネルもガジェクリに加入しています。

 

AppBank

言うまでもなく、マックスむらいの会社AppBankが運営しているMCNです。

マックスむらいを始めとするApp Bankの社員関連チャンネルや、パズドラ攻略チャンネルなどAppBank専用のMCNのようです。

しかし、あいたかはしくん等はMCN未加入となっているため、社員であっても加入非加入の基準が何かしらあるように思われます。

マックスむらい社長の衰退により今後のYouTube活動や会社経営にどのような影響があるのか・・・見ものです。

 

以上でMCNの紹介は終わりとします。
以降はYouTuber用の事務所としての役割を担っている組織を紹介致します。

 

ジェネシスワン

マホト率いる軍団というイメージが強いジェネシスワンです。

所属しているYouTuberはマホト・ヘキトラ・東海オンエア・サグワ・タケヤキ翔・PDRさん・デカキン等など。

イケメンなお兄さん達が多く、ファンイベントを頻繁に開催している他、マホト等によるアーティスト活動も後押ししています。

私の個人的なイメージですが、アイドル的人気を獲得したい場合はコチラへの加入を検討されたほうがいいかと思います。

所属YouTuberのほとんどは、MCNとしてThe Online Creatorsに加入しています(一部例外あり)

 

VAZ・Next Stage

昨日大々的にヒカル達が告知して一躍有名になったVAZ及びNext Stageについてです。

元々はVAZ単体でYouTuberのマネジメントをしていたようですが、ヒカルたちの加入により一気に大手のYouTuberが集結しました。

VAZ所属となっているのは、テオくん・スカイピース・ぷろたん・きりたんぽ等、どちらかと言うとあまり有名じゃないYouTuberが多いです。

Next Stage所属は、ヒカル・禁断ボーイズ・ラファエルとそれなりの大手三組のみです。

ヒカルのツイキャスでの発言により、VAZの中での更に選抜メンバーとしてNext Stageが存在しているようです。

Next StageがUUUM、VAZがネットワークだと考えると簡単なのですが、元々のVAZ所属の人からすれば腹立たしいでしょうね。

動画内でも所属したいYouTuberを募集していましたが、所属できたとしてもVAZ所属となるようでそこで目が出たらNext Stageに格上げされるとのこと。

ちなみに、所属費用は徴収しませんがタイアップなどでのマージンを取るようです。

 

Bit Star

イマイチ実態がつかめない事務所です。

事務所というよりは登録制のYouTube専門の広告代理店と言ったほうがいいかと思います。

また公式ページの広告塔がMegwinとなっているので、Megwinもコチラに登録しているものと思われます。

ちょこちょこと名前が上がる事がありますが、加入というよりサービスに登録するような感覚なため明言されることは少ないですが、事務所に所属していないYouTuberがタイアップ動画を出す際はこの会社が関わっている事が多々あります。

また、ミッキーチャンネルの様にファンレターやプレゼントの宛先にここの事務所を指定しているYouTuberもいます。

 

MCNと事務所に所属しているYouTuberの例外

MCNとYouTube事務所に関して一覧を上げましたが、微妙な例外が何人かいます。

 

ABTVnetwork
UUUM所属であり公式ページにも名を連ねていますが、MCNはThe Online Creatorsとなっている。

デカキン
デカキン自体はジェネシスワンに所属。MCNに関してはメインチャンネルはThe Online CreatorsだがサブチャンネルはBREAKERとなっている。

PDRさん・mimei夫妻
両者ともにジェネシスワン所属。しかし、MCNには非加入。あれだけMCNをディスっていたPDRさんらしいと思います。

 

MCN・事務所に関するまとめ

MCN・事務所の違いなどを説明してまいりました。

YouTuberの皆さんにとっては重要な選択になりますのでそれなりに吟味は必要かと思います。

しかしながら、MCNや事務所が行うことは全て契約書に依存するということを覚えておいてください。

加入や脱退など全ては自己責任でお願いします。

 

この事務所を書いてくれ・ここが間違っているという批判や要望などございましたらコメント欄やtwitterへご連絡ください。

だいぶ長くなりましたがこれにて記事を締めたいと思います。

 



-MCN・事務所, コラム
-,