PDRさん コラム 事件・事故

カリスマブラザーズは早くニワカ英語の件で謝罪動画を上げるべき

カリスマブラザーズ・PDRさん双方が炎上する事態!

絶賛炎上中のカリスマブラザーズ。

カリスマブラザーズ 20161106

※私は正直、あまり彼らの動画を見ていませんでした(トータルテンボスの片方みたいな髪型のやつがいる2人組のuuumのYouTuberくらいの認識)

PDRさんからの愛のある英会話添削動画により、双方大炎上中です(とは言えコメント欄)

関連記事:【悲報】PDRさんがカリスマブラザーズの英語能力を批判して双方炎上

PDRさんが追加で説明の動画を投稿する事態に発展・・・

 

一方カリスマブラザーズは、

この度、動画内で誤った英語の使用があったため、英会話講座の一部の動画を非公開にさせて頂く事にしました。視聴者の皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。これからも動画を通して英語の楽しさを伝えていきたいと思っておりますので宜しくお願いします。

と、共同アカウントでツイートし各個人アカウントでこれをリツイートする程度の釈明に留めています。

※このツイート以前にメンバーの一人がお怒りのツイートをしたとかしないとか・・・削除済なので真相は闇の中

シアトル在住でアメリカの大学へ留学中という触れ込みとともに、現在休学中と言われている彼ら。

YouTuberとしての強みがシアトル在住・英語が出来るという点だった彼らとしては今回の件は死活問題。

 

PDRさんの指摘の趣旨は

  • 英会話を教える立場にしては英会話能力が低い
  • その上英語が喋れない日本人を馬鹿にしている

という点。

カリスマブラザーズは先述のツイート以外で本件への声明はださず、英会話講座系動画やピザの注文を英語で行い馬鹿にする動画等を非公開にして黙りを決め込んでいます。

 

しかしながら、双方のコメント欄ではお互いをディスるようなコメントで溢れています(見ていて楽しいですが)

2chのPDRさんスレですらカリスマブラザーズファンが押し寄せてレスをしている始末・・・場外乱闘もいいとこです。

PDRさんの捕捉動画を見ても、英語圏の人からするとカリスマブラザーズの英語はおかしいということは明白。

それでも、彼らの英語は通じているし現地で生活をするには困らないレベルだということはわかります(大学で講義を聞けるレベルなのかという点は不明)

そのレベルで英語を勉強しなければならない立場の中高生ファンに向けて英会話講座をしている=間違った英語を教えているというのはやはり問題かと・・・

 

カリスマブラザーズは謝罪動画をあげるべき!?

この状態で、英語に関わらない動画を出すのは得策では無いのでは?と私は思っています。

今後鎮火されるとはいえ、動画は投稿するわけですしカタカナ英語を使っても恐らくコメント欄でネタにされるでしょう。

間違った日本語を使ってもネタにされるでしょう。

更に、反日系YouTuberや韓国人という非ぬ方向へと批判が発展してしまっています。

また、ファン・リスナーの事を思うのであればコメント欄で争っている状態はあまりにも良くない。

 

ここは真面目に謝罪動画を上げるべきだと私は思っています。

最近で言えば水溜りボンドのボヤ騒ぎ事件もありましたが、素早い謝罪動画で炎上の鎮火は早かったように思います。

※そもそも13歳未満の閲覧をYouTubeが認めていなかったこともありますが

時間が経てば鎮火するとは言え、記憶には残ります。

カリスマブラザーズと検索すれば必ず本件が記載されているサイトにたどり着かれます。

 

 

悪いと思っていないなら非公開動画を公開するべきでは?

そもそも世論に流れて謝罪する必要もありません。

悪いと思わない・スタンスを変えるつもりがないのならコチラの方法が正解。

コメント欄で擁護しているファンはこっちを望んでいるように見えます。

PDRさんが性格悪い・日本語おかしい・間違えたくらいで酷い、などキラキラしたコメントが多いので追い風に乗って開き直りましょう!!

自らニワカ英会話系YouTuberを称して、下の画像をプリントしたTシャツを公式グッズとして販売してみたらいかがでしょうか。

カリスマブラザーズ ask the google

カリスマブラザーズにとってはここが方向性の分かれ目かと思います。

黙り続ける事だけは間違いだと思いますし、永遠にネチネチ言われます(ニベア風呂の様に)

潔く非を認めて謝罪するべきか、開き直って貫き通すか

Ask the Google!!

 

カリスマブラザーズがついに謝罪動画を投稿!!

この記事を公開した翌夕に、カリスマブラザーズが謝罪動画を投稿致しました。

ネタに走りつつもしっかり謝罪している点から、賛否が別れる部分かと思います。

しっかりとPDRさんの名前も挙げ、「Ask the Google」もネタとして使っていましたね。

私としては上記の点から好印象を受けました。

そもそも取り返しのつかない事をしたわけでもありませんし、「Ask the Google」を今後もネタとして使っていってもらえればと思いますね。

今後の活躍に期待致します。



-PDRさん, コラム, 事件・事故
-,