YouTube一般 コラム シバター

【秋のBAN祭】シバター・むるおか君を筆頭に停止されたアカウントが続々復活!!

2016/11/21

シバター・むるおか君のチャンネルが復活!?

数日前の記事で書きました『秋のBAN祭』についてですが、たくさんの閲覧ありがとうございます。

関連記事:【秋のBAN祭】YouTubeチャンネル一斉BANが発生!!シバターも巻き込まれた!!【2016年11月11日】

この記事で紹介したチャンネルである

が、それぞれ復活を果たしました。

※暗黒速報HDに関しては上記の記事を出した翌日くらいに復活していましたね・・・

 

シバター・むるおか君両名が復活の報告と共に、YouTube内部への不満をぶちまけています。

※むるおか君の動画は非公開にされてしまいました

 

両者ともに正規のルートによる復活ではなく、YouTube・Googleの社員との連絡ルートを確保してアカウント復活をしてもらっているので、特殊な例と言えます。

※とは言え、YouTubeのチャンネル登録者数が増えるとYouTubeやGoogleのイベントへの招待があるため、中の人と繋がることは十分に可能です

 

状況としては、両者とも自分の動画をコピーして投稿されていたという点が共通しています。

むるおか君に関してはP-martTVを名乗る人物(本当にこのチャンネルか虚偽の名称かは不明)からパチンコ系動画を著作権違反で通報されていたようです。

※パチンコやパチスロ映像は、タイアップ元(アニメ等の著作権者)がパチンコメーカーに版権利用を認めてパチンコ化しているので、余程の事がない限り(現在のところ)著作権違反申請はされない模様

※YouTube上の版権にうるさいAKBでも、パチンコ・パチスロ実践が数多くある事から、パチ系統の動画には申し立てをしていない可能性もあります

 

実際、不満を言ってはいますが、YouTubeというコンテンツに依存しているYouTuberですから、YouTubeやGoogleによってどうにでもなってしまう存在であることは確かです。

ある日突然、チャンネルが跡形もなく消え去っていても、全くもって文句が言えないのがYouTuberです。

※裁判になったとして、Google側に勝てるかは不明

チャンネル消された報告とYouTubeへの不満をぶちまける場所もYouTubeです。

コンテンツ依存が危険と言われる所以ですが、最低でも動画のバックアップは取っておいたほうがいいのではないでしょうか。

「好きなことで生きていく」反面「好きな時に消されていく」というのがYouTuberなのかもしれません。

 

正規ルートでチャンネル復活を果たした「おもちゃんねる」

こちらの「おもちゃんねる」さんは、子供用トイの商品レビュー系動画を投稿していました(現在は上の動画のように復活)

「秋のBAN祭」に引っかかり、twitterで困っているところを偶然見つけて、お話を聞かせて頂きました。

 

チャンネルが消されていたため、元の動画を見れないためどのようなチャンネルだったかを聞きながら、BAN理由を探っていました。

すると例に漏れず自身の動画をコピーしたチャンネルが存在(知っていたがキリがないので放置)

その件を、チャンネル名を上げてYouTubeのフォームに報告したらどうかとの提案をさせていただいたところ、無事にチャンネル復活を果たしたようです。

 

このような件もあることから、未だにBANから復活出来ていない方は、もう一度自身の動画をコピーされていないか確かめたほうがいいかと思います。

※元々が転載系の方は望みが薄いですが

とはいえ、日本人向けのコピーなら検索でヒットしますが、動画タイトルなどが外国語になっているとヒットさせるのが難しいという点も考慮ください。


-YouTube一般, コラム, シバター
-,