MCN・事務所 YouTube一般 コラム

NextStageの動画が狙われてる!?コピーチャンネルが大増殖中!!!

 コピーチャンネルの脅威

秋のBAN祭の影響によって、多くの人が知ることになった「動画の転載」

関連記事:【秋のBAN祭】YouTubeチャンネル一斉BANが発生!!シバターも巻き込まれた!!【2016年11月11日】

私はこのような記事を書く際に、元となった動画を検索して見直したりする事が多々ありまして、

その際に完全に転載されているチャンネルを発見する事もあります。

※先日、ラファエルと禁断ボーイズのコピーチャンネルを発見して双方にリプライを送りましたが、禁断には無視されました

 

YouTubeでは定期的に自動アルゴリズムにより、動画内を巡回して同様のコンテンツ(コピーされたと思わしきもの)をチャンネルごと消し去る(BAN)事がわかっています。

秋のBAN祭で多くのオリジナルがコピーと認定されてしまいチャンネルが一時的にBANされていました(誤BAN)

 

そんな事情を知ってか知らずか、今一番勢いに乗っている『NextStage』のヒカル・ラファエル・禁断ボーイズの動画をメインにコピー動画が大増殖しています。

 

NextStageの動画が集中的にコピーされている!?

私がラファエルの痴漢動画についての記事を書いている際に、無修正版を探していてこの件について気が付きました。

ラファエルの動画タイトルをGoogleやYouTube上で検索すると・・・同じ動画が2つ以上検索上位に食い込んできます。

同一のチャンネルで同じ動画を再アップロードした際にも「再アップ」等の表記がないと違反とみなされる可能性もあるので、同じ動画が2つ存在する=異常事態です。

ラファエル コピー 20161122

この事実に気づいてから、記事を作るまでの間にかなりの数のチャンネルが消しさられています。

ネタになりそうな、ラファエルのサムネイルまで完全コピーしたチャンネルや「hikaru」というチャンネル、更には「ワタナベマホト」の名を冠したチャンネルまでがラファエルの動画をコピーしていました。

ラファエルに限ったことでなく、禁断ボーイズやヒカルも同様に「動画タイトルで検索」するとコピーされたチャンネルが存在しています。

 



コピーチャンネルの目的は?NextStageの動画を狙うメリットは?

これらのチャンネル運営者の目的を考察したいと思います。

まず、テレビ転載と違って元の動画が残っているとコピーした動画に価値は存在しません。

ラファエルのチャンネルへ行けば確実に最新の動画がアップされているわけですから、著作権侵害のリスクを負ってまで得れる利益は少ないです。

 

考えられる原因としては・・・

  • 誤BAN狙いのアンチ活動
  • 情報商材に記されている内容
  • 海外からの工作

以上について少々意見を申し上げていきます。

 

誤BAN狙いのアンチ活動

これが一番ありそうな点なのですが、2chを見ているとヒカル・ラファエル・禁断ボーイズの3者は特にアンチが多いように感じます。

※ヒカキンやはじめしゃちょーは一周回って許されてる雰囲気

秋のBAN祭でのシバター等の状況を見てか、このような工作をしている可能性もあります。

彼等がNextStage立ち上げと共にVAZという事務所所属となったため、影響は小さいかと思いますが地道な活動が実を結ぶ可能性もないとはいえません。

私としてはネタになりますから・・・いや、なんでもないです

どちらにしろ悪質極まりない場合は、著作権侵害で警察なり司法なりに訴えられる可能性があることも考慮する必要があると思います。

 

情報商材に記されている内容

ネット上でこの手の「急に○○が増えた」という減少の裏には情報商材が関わっている可能性もあります。

よく言われるのは、「文字だけ動画」ですね。

あれは一昔前に情報商材にて一気に拡散された様な雰囲気がありました。

※「文字だけ動画」が悪というわけではなく、内容に違法性がなければ何ら問題にはならないです(現状YouTube側も対処していない)

先程あげた人たちの動画を見ると、地道にDLサイトでダウンロードしてアップロードし直したと言うより、何かのツールを使って一気にDL&UPしている様な印象を受けました。

※動画上げて、サムネイル指定してタイトル書いてって、地味に面倒くさい

なんのツール?と言われてもわかりませんが、単純に考えてもこの手の手法は簡単に実現できそうな気がします。

情報商材の内容に、今人気のYouTuberの動画をアップすれば見てもらえる、と言った文言が記されていると一気に同じ人の動画が上げられやすくなるのではないでしょうか?

※uuum勢の動画はコピーが少なかったです(地道に削除しているのか、元からコピーされていないのかはわかりません)

 

海外からの工作

最近じわりと流行ってきているのが、海外からのコピー工作です。

コピーされたチャンネルを見ていても思うのですが、漢字やらハングル文字やらのアカウントも多数いました(何処の国とは言いませんが)

 

以前、はじめしゃちょーが自ら動画に台湾語の字幕を付けてもらっていると言う感謝の動画を上げていました。

はじめしゃちょー自身が台湾でも人気になっていることが伺えます。

ちょっと検索すると、はじめしゃちょーの動画に字幕がしっかりと付けられて転載されているチャンネルもありました。

日本人向けの場合は動画のタイトルが日本語になって被ってしまいますが、他言語でタイトルを書かれるとコピーされている事を調べるのも一苦労です。

※GoogleがMCN向けにコピー映像検索ツールでも提供していれば話は別

日本から他国民を訴えようとすると、日本国内でのそれを遥かに上回る労力の割に対価は少ないですから、そこを突かれている可能性もあります。

 

 

最後に、動画をコピーしてアップロードすること自体が著作権侵害となることを今一度考えましょう。

リスクが高い割に、得られる対価が低い様な気がします。

当サイト・当記事ではこのような行為を勧める意図で執筆をしていない事を宣言致します。


-MCN・事務所, YouTube一般, コラム
-, ,