rss1

YouTube一般 コラム

YouTube Redとは?視聴者側のメリット・デメリットを解説

投稿日:2016-12-10 更新日:

YouTube Redとは?

最近、日本に先駆けて韓国でスタートしたYouTube Redについて解説していきたいと思います。

端的に言えばYouTube Red=YouTubeの月額課金システムです。

 

現在、アメリカ・メキシコ・オーストラリア・ニュージーランド・韓国にてサービスが開始されています。

アジア圏で最初のサービス開始となった韓国ですが、次は日本ではないかという噂が飛び交っております。

いずれサービス自体がなくならない限り、日本での開始は早い段階なのではないかと、私も踏んでおります。

 

今までのYouTubeYouTube Redの違いは?と言われると、無料で楽しめるYouTube と 月額制YouTube と言ったところでしょうか・・・

ニコニコ動画の一般会員・プレミアム会員のそれに近いものがあります。

端的に言えば、YouTube Red会員になったほうが優遇されるよ、という仕組みです。

それではメリット・デメリットについて説明していきましょう。

 


YouTube Redに入る5つのメリット

YouTube Red側が提示しているメリットは5つです。

  • 広告なしの動画
  • オフライン保存
  • バックグラウンド再生
  • 会員限定動画
  • Google Play Musicの利用

一番の目玉は広告・バックグラウンド再生辺りでしょうか。

全てのメリットに魅力を感じる人が少ないと思われますが、動画の前後途中での広告が一切発生しない点は高評価なのではないでしょうか。

ここがユーザーにとってのメリット・クリエイターにとってのデメリットになり得るわけです。

一つずつ解説していきます。

 

・広告なしの動画

ユーザーに対しての一番のメリットです。

動画最初や中盤・最後に表示される動画広告画面下に表示されるバナー広告関連・オススメ動画の上に表示されるバナー広告など、広告と言われるもの一切が表示されなくなります。

5秒後にスキップボタンを押す手間も邪魔なバナーを消す手間も一切なし。

広告をスキップする煩わしさもなくなり、単純に動画のみを楽しめます。

現状、広告ブロッカーと呼ばれるもの(詳しく説明はしませんが)で、広告の類をブロックすることは可能ですが、最近のYouTube側で仕様変更をして、広告が挿入される際に一度動画が途切れる様になりましたがこれも回避可能なようです。

 

・オフライン保存

スマホ等のモバイル端末に動画や再生リストを保存して、ネット利用をしていない時も視聴可能になるサービス。

ダウンロードして自由にできるわけではなく、スマホ等のアプリ内で利用できるようです。

繰り返し見たい動画や、ラジオ動画等の映像を必要としない動画・音楽PV等を保存しておくことで、パケット通信料を気にせずに視聴可能。

 

・バックグラウンド再生

スマホ等のモバイル端末で、他のアプリを利用しながらYouTubeを再生可能になります。

現状、正規アプリやブラウザで視聴した場合は、アプリをバックグラウンドにした際に再生も中断されます。

とはいえ、現状他のアプリ等で代替することによりバックグラウンド再生が可能ですので、必要ないと言えば必要ないサービス。

 

・会員限定動画

YouTube Red会員限定の動画が提供されるようです。

会員は追加料金無しで、クリエイターのオリジナル動画や映画などを見れるサービス。

サービスに加入してくれる映画配給会社等が増えれば、確実に類似サービスの脅威になります。

クリエイターのオリジナル動画に関しては、ヒカキンやはじめしゃちょーがいくら限定動画を出しても、そこまでして見たいと思える動画を作れるか・・・少し疑問です。

 

・Google Play Musicの利用

この制度の一番の(YouTuberにとって)問題点となります。

YouTube Red加入=Google Play Music加入となるようで、両方のサービスの利用が可能になるようです。

Musicの方は日本でも提供されていますが、品揃えに関しては『東京indie』様のサイトが非常に幅広くリサーチしていますので、気になる方は参考にして下さい(東京indie : AWA/LINE/Apple/Google Play Music/Spotifyの邦楽・洋楽を独自比較! )

上記サイトを参考にすると、各レコード会社の主戦力アーティストは音楽定額サービスに加入していないことが多いようです。

殆どのサービスが月額980円なのでアーティスト等に支払われるインセンティブの低さが影響していると思われます。

 

YouTube Redのデメリット

ここはYouTubeには記載されていませんので、独自に考えていきたいと思います。

 

・価格

アメリカ基準だと9.99ドルとなっていますが、先述したGoogle Play Musicとの兼ね合いから日本では月額980円になるのではないかと言われています。

ここに関しては、価格云々というよりも無料から有料になるという部分での抵抗が強いかと思います。

 

・非会員への対応

ここがニコニコ動画との共通点が強いところなのですが、非会員が今まで通り広告と共に動画を見ていられるかというとそうでもない様です。

ニコニコ動画の場合

  • 非会員・・・動画が見れない
  • 一般会員(無料アカウント)・・・動画は見れるが通信速度が遅い・一気に先へと動画を進められない
  • 有料会員(月額540円)・・・基本的に全ての動画を見れるが、一部有料チャンネルへは別途課金が必要

といった具合に幾つかの手順を踏まないと、自由に動画を見れない制度です。

※動画サイトは動画は通信量やサーバーの兼ね合いで、自由に再生を許しているだけでも莫大な維持費が掛かるため、ハードルを高く設定して非会員は再生すら出来ない仕様にしているようです。

YouTubeでも同様に、非会員の通信速度を絞ったりという可能性もあります。

アメリカの一部では非会員が遅くなったという声も・・・

 

デメリットが少ないような気がしますが、別途記事にしようと考えているYouTuberへの影響の方がデメリットばかりなのでYouTuberそのものの衰退を招く可能性も・・・

このサイトを運営していなければ、私は会員にはなりませんが現状の視聴者の方も加入は躊躇するのではないでしょうか・・・

オススメ記事

1

ようつべ速報とはっ!!!:2017/01/10(火) 21:57:58.35 ID:XGPi8p6C0  

2

1: ようつべ速報がお送りします:2017/01/21(土) 22:38:05.15 ID:wknRsupO0 股間触り商品に触れる コンビニの男性客 http://www.sankei.com/we ...

3

ようつべ速報がお送りします:2017/01/21(土) 03:56:22.03 ID:VEMVLngR0 ファッションYouTuberげんじ、初ブランド【LIDnM】を立ち上げたい https://c ...

-YouTube一般, コラム
-,

Copyright© ようつべ速報 , 2017 AllRights Reserved.