rss1

コラム 中堅YouTuber 事件・事故

きりたんぽ親子のLINE LIVEで語られた警察・裁判に関する説明まとめ

投稿日:2016-12-14 更新日:

きりたんぽのLINE LIVEに母も登場してアンチに物申す!

よりひと・きりたんぽ裁判の件で、前回の記事ではよりひとサイドの発言を取り上げました。

関連記事:きりたんぽ・よりひと が裁判!?Vine系YouTuberが法廷闘争!?

 

片方の意見ばかりでは流石に偏りがあるかと思いまして、きりたんぽが昨日LINE LIVEで母親と配信したとの情報を察知致しまして、LINE LIVEのアーカイブを拝見させて頂きました。

※感想を言わせて頂ければ、香ばしかったです(小並感)

 

前知識として、きりたんぽの母親(twitterアカウント名:きりたんままん)がtwitter上で誹謗中傷などに対して民事・刑事問わず法的処置に出ると発言して話題になっていました(現在鍵アカウント)

その件についての補足説明という意味合いでのLINELIVEです。

※実際は企業案件(ステマ)で毎日放送することがお仕事なのは別の記事にまとめます

 

YouTubeの動画のように、記事に埋め込みたいとろこですが、LINE LIVEの公式埋め込みコードを使うと全て再生できない等の弊害があるため、リンクとさせて頂きます。

きりたんぽ:母とLINELIVE(https://live.line.me/channels/60218/broadcast/276999)

 

※コメント欄もなかなか面白いのですが、そっちは割愛します

 


きりたんぽ親子が法的処置をとる理由が危険!?

とりあえず、最初から再生しつつ突っ込んでいきたいと思います。

まず最初に、子供がやっていることで親が出てきてアーダコーダやること自体燃料を注ぐので、最終手段で引退を覚悟して行うべきだと思っていますので、私としては反対派です(親フラは別)

  • 話題となったツイート(警察・裁判の件)については、アンチコメントの内容が最近酷くなってきた(誹謗中傷・脅迫)
  • 執拗なアンチに対してはブロックした
  • 母親とも話し合ったが度が過ぎている

ということに関して、のツイートだったようです。

また、一部界隈で噂されている「きりたんままん」のアカウントがきりたんぽ自身の自演アカウントであるという噂にも触れて、母親とともに否定しています。

※この件が話題になってから、鍵アカウントである「きりたんままん」へフォロー申請を送ったら見事にブロックされましたが、こういうってどうなのでしょう???ヘイトを生むだけだと思うのですが・・・

学生なので自作自演するほど暇じゃないそうです(法律上高校生は学生ではなく生徒という身分)

 

母親も

  • あのツイートを出したのは、コメントの度が過ぎてきている
  • 本当に犯罪になっているコメントが多い
  • 子供を守る親として、身の危険を感じる様な事が多い
  • 本当に親ばかだと思う
  • ずっと罵倒し続けたり、シネシネ連呼したりって言うことを普通はしない・社会的におかしい

との発言。

 

更にきりたんぽも

「匿名だからという事をいいことにして・・・」

「それは卑怯だよね」と、割って入る母親

「自身が顔を出している限り仕方ないという意見もいっぱいある」ときりたんぽが続けました。

 

閑話休題、きりたんぽ親子にオススメの商品を紹介するよ♪

「パーン、コーン、シュコーン!!ブーメラン!!!」

きりたんぽ自身も(公表しているのかはわかりませんが)ちょっと調べれば本名は出て来る反面、母親はきりたんままんという一種の匿名ですよね、本名ではない(完全匿名かといえばそうでもないのですが)

 

きりたんぽ親子の法的処置・ネットリテラシーについて私の感想

以下、私の主観ですので、興味のない方・目を背けたい方・あ、この人ちょっとヤバメの人だと気が付いてしまった方は、他のまとめ記事をお読みになって下さい。

 

『匿名』というワードは結構都合がいい

匿名で好きなことを言う事、に対して卑怯だと言うのはちょっとおかしな意見だと思います。

私自身、本名など明かしておりませんが、その気になればサーバー管理会社が教えてくれます(辞めてね)

それなりの大事になれば、YouTubeだろうとtwitterだろうとアクセス履歴やらIPやらで何れ明るみになります。

完全なる匿名ではないのですよ、YouTubeのコメントもLINE LIVEもtwitterも。

匿名で意見を言う=卑怯という風潮が古い世代には残っているようですが、匿名でなければ言えない事もありますし、記名で発言していたらポジショントークだらけで面白くないです。

むしろ、近所の井戸端会議での陰口の様にアンチコメントを発する人を排除した段階でそれに対して物申す方が卑怯なのではないでしょうか?

(脅迫コメントに関しては警察に届け出たほうが良いです)

 

『誹謗中傷』の度合い

また、誹謗中傷というワードも結構いろいろあります。

前後の文脈がない状態でのシネでは警察は動きませんし、ネットでのコロスでも単発だと大した捜査はしてくれないようです。

(推奨をしていませんし、絶対にやめましょう)

誹謗中傷も受けての主観になります。

どう考えても食べれたものでない料理を食べて、マズイという感想を言う事が悪いことでしょうか?(例え下手)

きりたんぽという娯楽サービスを見て、つまらないと発言すること・可愛くないと発言することを誹謗中傷だとすると、言論弾圧な気がしてなりません。

『LINE LIVEで毎日配信する』という企業案件○○万円(2桁な)程度の報酬を受けている、言わばお仕事においてその感想でイチイチ目くじらを立てるのは如何なものかと思います。

プライドが傷付くのはわかりますが、サービスの受けての感想ですので上手くフィードバックしましょう。

 

『アンチコメント』の取扱

本当に酷いというアンチコメントですが、それを発言しているのが誰か?という事を考えて物申しましょう。

これが、この件で私が言いたい一番のことなのですが、火に油を注ぐ行為にしか見えません。

いくら警察や弁護士に相談しても、実害が防げるか?というと別問題です。

本当に酷いという脅迫めいたコメント主を推測すると、

  • 何も考えていない子供
  • 本当にファンだったのに振り向いてもらえずアンチになった大人

この2種類ではないでしょうか。

後者は本当に危険です。

たまにニュースでも取り上げられる、アイドルがファンからストーカー被害・実害という様な事にならないといいのですが。

この手の人って、そもそも周りが見えていないので何をするのかわかりませんし、それを煽ってどうするの?という事。

ネットで一時期流行った言葉「馬鹿なの?死ぬの?」に該当する案件です。

 

本当に『警察・弁護士』が介入したのか?

私も、この様なサイトを運営していて警察様とコラボレーションする機会があるのですが、警察は本当にネットの知識に疎いです(サイバー警察は別)

恐らく、本当に警察に相談しに行ったのなら、YouTubeとは?twitterとは?LINE LIVEとは?企業案件とは?アンチとは?と、永遠とネットの常識を話さなくてはイケない事もあります。

私は「なんでそんなサイト運営しているんですか?」と聞かれましたし、生主が警察コラボすると「なんで配信しているんですか?」とだいたい聞かれています。

そんなネットに疎い警察が必ずするアドバイスは「配信しないこと」なんですが流石に契約期間が残っているお仕事を放ったらかしには出来ないので「その件については触れない・煽らない・読まない・見ない」という提案がなされるものだと思います。

弁護士も同様かと思われます。

 

まとめ

アンチをブロックし過ぎて過疎化したり、アンチを煽りすぎて実害が及んだりする生主を結構みてきました。

ブロックされたアンチが行き着く掲示板(あえて名前は出しませんが、2chではないです)もありますし、配信コメント外でアレコレ言われる恐さというものもあります。

放送コメントより、そっちの方が恐かったりします。

基本スルーする方向が一番いいような気がします。

アンチコメントに関する煽りで、被害を受けるようなことにならないといいのですが。

警察・弁護士にしっかりとした対処をしてもらえる事を信じております。

 

また、この記事は他者を誹謗中傷する意図や犯罪を助長する意図で書いたものではございません。

気になる部分や、ご指摘がございましたらご連絡下さい。

早急に確認・対処致します。

 

追記

本件について、両者の話合いが持たれて、決着が着いたようです。

関連記事:よりひと・きりたんぽ親子間の争いに決着!!

おすすめ記事

1

1: ようつべ速報がお送りします:2017/02/22(水) 19:56:29.75 ID:Hr/giDJZ アンチコメはブロックしておけばオッケー 冗談だとしても少しの容姿叩きすら許さないだで

2

743: ようつべ速報がお送りします:2017/02/21(火) 21:35:21.67 ID:GjmlAYWx0 おいシバター・・・シバター・・・シバター! お前何ヒカルに丸め込まれてコラボしようと ...

3

怪盗ピンキーの妹「ゆな」が自身の名前を入れたチャンネル「ゆなちゃんねる」を立ち上げて以降、動画内での言動や概要欄に記載された言葉等で炎上。 ついに「ゆなちゃんねる」の運営がVAZであることが動画で明言 ...

-コラム, 中堅YouTuber, 事件・事故
-

Copyright© ようつべ速報 , 2017 AllRights Reserved.