コラム ヒカル

ヒカルゲームズ ヒカルの金髪起業家時代のコンサル生が出現!!その実態を告白・・・情報商材の真実!!

2016/12/07

ヒカルビジネス→ヒカルゲームズ→ヒカル と、その時々によって運営チャンネルを切り替えて活動している、ヒカル氏。

ヒカル

 

ゲーム実況チャンネルを運営して、人気を博していましたが、

「ゲーム実況への熱意がなくなった・・・」

との理由で、実写チャンネル"ヒカル"の投稿にシフトしました。

 

ゲーム時代に一緒に実況していたメンバーは基本的に出演せず、撮影や編集作業など裏方へ回りました。

人気急上昇中のチャンネルではあるものの、金髪起業家時代に情報商材を販売していた為、

コメント欄等で"詐欺師"との批判の的になっております。

 

長らく、このことに関して実態がわかっていなかったのですが、最近になり一人のYouTuberが

コンサル生だったことを告白、その実態を動画にしました。

 

ヒカルとはどんな人なのか

『兵庫が産んだ天才・職業カリスマ』

本人のtwitterアカウントの概要欄の言葉です。

 

「カネならいくらでもある」と豪語するだけあり、

"自販機を全部売り切れにさせるにはいくらかかるのか?" "確変機が当たるまでにはいくらかかるのか?"

"トレカをワンカートン買って開封後売却"などカネにモノを言わせる企画が多いです。

極めつけは、ヒカルゲームズメンバーの名人の誕生日プレゼントに高級時計を買うという企画・・・

チャンネル登録者数がチャンネル開設から半年で50万人を越え、

夏休み期間中の動画再生数は軒並み100万再生を突破しています。

まさに、"人気急上昇"状態です。

 

ヒカルの目標はYouTubeで頂点を取る

そんなヒカル氏であるが、YouTubeをやる目的は"カネを稼ぐこと"ではないと語ります。

"目標はYouTubeで頂点を取る"ことだと豪語しています。

単純に稼ぐことに関しては、"YouTubeは効率が悪い"と語っており、その先に更に目指すものがあるようです。

それに関して2016年9月7日のツイキャス(削除済)で語っていました。

  • 俺はトークでは日本一だと思っている。松本人志にも負けない。負けるとすれば島田紳助だが、一人喋りなら負けない。
  • 俺は"発言力"がある人間になりたい。安倍総理は日本で一番偉いかもしれないが、発言力で言えば大したことない。
  • twitterでは有吉弘行が日本でトップのフォロワー数であり、発言力のある人間がお笑い芸人なんだから越えられる。

という趣旨の発言がありました。

ヒカル氏を知らない人からすれば、"自意識過剰"だとしか思わないだろうが

彼の動画を見ている人ならば、"そうならなくない"と思えてしまうカリスマ性があるのも事実です。

 

ヒカルの金髪起業家時代

彼が如何にして金髪起業家になったかという"生い立ち"については割愛します。

"金髪起業家ヒカル"時代は髪の毛は現在のツートンではなく、金髪一色状態です。

※動画が削除されました

 

上記のような動画で、突如YouTubeに登場しました。

ヒカルビジネス(現在は非公開)というチャンネルを運営しつつ、

YouTubeに大量の広告をだして多くの人の目に止まりました。

ネット業界ではリスティング広告という類の方法で人を集めたようです。

 

YouTubeで動画に誘導し無料のメルマガに登録させて"稼ぐ方法"を伝授、

更に知りたければ有料メルマガへの登録を促したり情報商材の紹介と言った方法で稼いでいました。

 

現在、情報商材で稼いでいた、ということから詐欺師とまで言われていますが、その実情はわかっていませんでした。

しかし、炎上系YouTuberシバター氏がこの件に触れたことで、過去のコンサル生だったと語るYouTuberが登場します。

 

ユウキテルミちゃんの証言

長らく他のYouTuberもこの件に触れていませんでした。

しかし、シバター氏が一本の動画を出しました。

ヒカル氏の金髪起業家時代をいじり倒した動画です。

この動画にヒカル氏もコメントしていますが、一切情報商材については触れていません。

kome

この動画に触発されたとして、

ユウキテルミちゃんというYouTuberがヒカル氏のコンサル生であったと語り、次の動画を出しました。

『進撃のアナザーワールド』という企画に参加し、

【10万円/50万円/100万円】の参加コースのうち10万円コースを受講したようです。

その結果、月に30万円以上を稼ぐことが出来たと語っており、スカイプで何度も話したとのこと。

※詳しくは動画を参照。

彼は、金髪起業家ヒカルとしても、youtuberとしてのヒカルさんもどちらも大好きだと語っています。

そして、"詐欺師ではない"と断言しています。

当時のヒカル氏について住所や本名まで知っているとも語っており、DMしてくれば教えると断言しています。

 

結局 情報商材は詐欺なの?悪なの?

とても難しい問題です。

例えば、ある料理にオリーブオイルを加えるととても美味しくなる、という話をよく耳にします。

でも、ベースとなる料理がまずければオリーブオイルを加えただけでは美味しくなりませんよね?

つまり、正しい方法や手順で真剣にやらないと、いかに素晴らしい商材も意味をなしえません。

 

当時ヒカル氏が売っていた情報商材である"下克上" そのバージョンアップ版がコチラの"下克上∞"です。


【下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~

トレンドアフィリエイトについての方法論が綴られている情報商材ですが、

真剣に取り組まない人が購入したとしても稼げません。

地道にコツコツと行う労力+適切な教材への投資があって初めて収益が生まれます。

 

やる気がなくて、「稼げる」と書いてあったからと買った人間からすれば、

詐欺に該当するのは当然かと思いますが、それが正しい表現なのかと考えると間違った考えだと思います。


-コラム, ヒカル
-