HIKAKIN 配信者紹介

HIKAKINのプロフィール・経歴・推定年収など

2016/10/06

2016年現在、日本のYouTuberの頂点に君臨しているHIKAKIN(ヒカキン)氏について、

プロフィールや気になる年収について解説していきたいと思います。



HIKAKINのプロフィール

HIKAKIN

HIKAKIN

運営チャンネル:HikakinTVHikakinGamesHIKAKINHikakinBlog

所属:UUUM(執行役員)

生年月日:1989年4月21日(27歳/2016年現在)

出身:新潟県 妙高市

 

本名:開發 光(かいほつ ひかる)

挨拶:「ブンブン、ハローユーチューブ、どーもHIKAKINです。」

特技:ヒューマンビートボックス

関連人物:SEIKIN(実の兄)・MASUO(高校の同級生)

 

HIKAKINの経歴

運営チャンネルは4つです。

ハモネプの影響でヒューマンビートボックスにのめり込み、独学で練習。

高校生の時に、YouTubeにHIKAKIN(チャンネル)にてビートボックス動画を投稿開始。

下記の、スーパーマリオの動画が海外から評価を受けて世界的な有名人へ。

その後、ビートボックス動画を上げつつ、ニコ生でも配信を行うがユーザーからの評判は良くなかったようです。

生主・キャス主として有名な石川典行氏によると、トークが面白くなかった・・・とのこと。

 

その後、YouTubeでHikakinTVを立ち上げる。

当時のYouTubeはテレビ番組や映画が無許可でアップロードされているサイト程度の認識の人が多い中、

MEGWIN等がネタ動画を投稿して(密かに)人気になっていましたが、配信サイトとしてはニコ動・ニコ生の時代でした。

YouTuberという言葉もなく、ビデオブロガーと名乗る人が多かったです。

 

高校卒業後、首都圏のスーパーに就職しながらも今ではセオリーとなっている毎日動画投稿を行っていました。

本人曰く、日本で最初に毎日投稿を宣言したそうです。

PDSやマホト(当時サシマン)等と並び中高生に人気となっていきました。

PDSがイギリス留学へ行くため動画投稿を中止していた夏休み期間に、働きながら動画を1日2本投稿していくという荒業によりさらに人気を獲得していくことになります。

その後、ウナギ登りに日本のトップYouTuberとして君臨していくことになります。

 

そして、日本初のMCN(マルチチャンネルネットワーク)=YouTuber事務所、UUUM株式会社の設立に参加。

所属タレントとしてだけでなく、執行役員(一般的には社員のトップであり役員ではない)に就任。

ジェット・ダイスケ氏や瀬戸浩司氏・めぐみ氏等が参加しました。

 

この他、ゲーム専用のHikakinGames、不定期投稿のHikakinBlog(ほとんど更新なし)も運営中。

元アカペラ歌手の兄SEIKIN氏が作詞作曲の"YouTubeテーマソング"を兄弟でリリース。

さらに、YouTuberとしての成功体験を記した著書も執筆。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

僕の仕事はYouTube [ HIKAKIN ]
価格:1028円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

UUUMの鎌田社長との共同執筆も。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

400万人に愛されるYouTuberのつくり方 [ HIKAKIN ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

 

HIKAKINの推定年収

ズバリ、1億1846万4790円といわれています。

これは、動画再生数からの推定ですが、HIKAKIN氏には他にも収入源があります。

  • YouTube動画での広告収益
  • 前述の書籍やYouTubeテーマソングの印税
  • 商品紹介やアプリレビューのタイアップ収入
  • TVやイベント出演料
  • 執行役員としての給与

これら全てを合算すると2億円はくだらないとの噂も・・・

一生暮らせる程の収入を得ても毎日投稿を続けているというのもこの方の凄さだと思います。

 

HIKAKIN 脱税疑惑事件

2014年12月20日、とあるツイートが一斉に拡散される。

さらに、それを信じたネットニュース界隈でもニュースにされる。

【速報】HIKAKIN氏 YouTube広告収入不正入手発覚で7時半頃 書類送検

知人や関係者が本人に連絡をとるも繋がらない状況であったが、該当時間本人はイベント出演中でした。

本人が方方からの連絡に気づいて事を知り、ツイッターにて説明。

更に、デマにしては度が過ぎている為、特定してしかるべき措置を取るという趣旨の発言をしました。

更に、動画でもこの件に触れています。

 

HIKAKINの凄さ

大手YouTuberになれば、アンチも増えます。

1つの失言でも永遠と粘着されます。

そのため、失言を行わないように悪口や汚い言葉使いに注意しているように感じます。

更に、昔の動画と比べてしゃべり方が非常にゆっくりになったと感じています。

またHIKAKIN氏の動画の視聴者層は小中学生がメインと言われています。

その層が対象だと、保護者からの信頼を得る内容やしゃべり方でないと視聴自体を禁止されてしまいます。

 

商品レビューがメインのHIKAKIN氏であるが、

食事中閲覧注意の喚起やデスソース等の"真似しないで"など、注意書きにも気を使っています。

 

何度か動画内容で批判→炎上→謝罪という事も行っていますが、その際も誠意ある対応をおこなっています。

 

-HIKAKIN, 配信者紹介
-