rss1

YouTubeまとめ 一般ニュース 石川典行 社会・企業

【不潔】居酒屋「月の宴」の料理からゴキブリ! 店長「取り替えてほしいなら、その分の代金を払え」・・・モンテローザの闇

投稿日:

モンテローザ「月の宴」で料理からゴキブリ!?

1:2017/02/19(日) 13:28:08.74 ID:

岡山県内の居酒屋「月の宴」で、昨年6月に客の男性が不当な対応を受けていたことが、当サイトの取材で発覚した。

鍋料理が煮えてくると、鍋を乗せたコンロから2匹のゴキブリが飛び出してきた。男性は驚き、店に対応を求めた。すると、店長がやってきて、男性に提供されたおしぼりを手にとり、それを使ってゴキブリを握りつぶした。


(略)
返金、もしくは代わりの料理の提供といった対応がなされることはなかった。それどころか、「改めて注文しますか」と問われたという。代わりの料理を出してほしいならば、その分の代金を払えということだ。
(略)
男性が「この件を本社に伝える」と言うと、氏名や連絡先を紙に書くことを店側は要求した。
客に出したおしぼりでゴキブリを処理したことや、その後の対応は非常識であって納得しがたいと、男性は述べる。


「月の宴」を経営する株式会社モンテローザに男性が問い合わせた結果、店長はエリアマネージャーでもあったことが発覚。
男性は、店長の対応に関する疑問を本社に伝えた。だが、「対応は間違っていないので、ネット上に情報を流してもらっても構いません」と、本社の担当者は述べたというのだ。


セブン-イレブンで食べかけのケーキが販売されたことを、先月に当サイトで報じた。男性はその記事を読み、昨年の出来事を思い出したという。そして、本社の判断について、再度モンテローザに問い合わせた。すると、「経緯を報告書として上げて、しかるべき処分をした」、「今後、このようなことはないようにしたい」との説明があったという。
当サイトでは、店に事情を尋ねた。その結果、店長が交代していたことが判明。前任者は、他店に異動になったそうだ。現在の店長は2月に着任したばかりであり、本件については全く知らなかったという。

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteifile.com/archives/4566


モンテローザ「月の宴」事件への反応

3:2017/02/19(日) 13:29:18.05 ID:

ワロタ

4:2017/02/19(日) 13:29:24.90 ID:

モンテローザかよ
チョン系だぞ

6:2017/02/19(日) 13:29:35.79 ID:

さすがに食えない

7:2017/02/19(日) 13:30:02.32 ID:

金は命より重い

8:2017/02/19(日) 13:30:34.10 ID:

何百円かケチって倒産か

9:2017/02/19(日) 13:30:54.56 ID:

凄い対応だなw

13:2017/02/19(日) 13:34:05.49 ID:

ゴキブリの隠れ家だったのかw

14:2017/02/19(日) 13:39:12.43 ID:

駅の立ち食いでカウンターの上でゴキブリの赤ちゃんがダッシュしてるのはさすがに引いた

16:2017/02/19(日) 13:43:30.02 ID:

いやいやいや本社こんな対応していいの?
ゴキブリ食べる族かよ

17:2017/02/19(日) 13:44:22.49 ID:


ほんとか盛ってるだろ

20:2017/02/19(日) 13:51:04.22 ID:

自分だったら作り直されてもゴメンだなゴキブリに遭遇した店とか
そこまで炎上させても自分が得るものもなし、他にいい店探すほうが有益だと思うがね…

23:2017/02/19(日) 14:09:42.85 ID:

結局どうしてほしいかその場で明確に言えよ
子供じゃないんだからさ
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487478488/

 

石川典行「モンテローザ事件」

"モンテローザ"といって、思い出すのが有名配信者「石川典行」のモンテローザ事件です。

 

2011年頃の話なのですが、

石川典行らが、居酒屋チェーン"魚民"へ入店した時の出来事を後日配信で証言しました。

  • 片付いていないテーブルへ案内
  • メニュー表・箸を店員が持ってこない
  • 吸い殻がはいったままの灰皿を提供される
  • 火が通っていない生の唐揚げが出て来る
  • 取ったはずのラストオーダーをキャンセルされる

問題となった生の唐揚げ

店側へ上記を指摘した事に対して、魚民の店長は生で調理された唐揚げ分の代金の返金を提案するも、石川側は金銭での解決を望まず代金の受取を拒否しました。

その場で名刺交換をして、石川は魚民を運営するモンテローザ本社へ報告する旨を伝えます。

 

数日後にモンテローザへ魚民での不手際を報告し、モンテローザ側の担当エリアマネージャーが店に内容確認・後日折り返しの電話をする事に。

翌日、エリアマネージャーから事実確認をしたと電話があり、郵送で唐揚げ代金の返金をして事態の収拾を申し出るも、石川側が直接会って話し合うことを要求。

 

モンテローザ社員がTwitterで誹謗中傷・情報漏洩

このやり取りと同日に、モンテローザ社員と見られる女性がTwitterにて

係長になんかやばいクレーマー石川典行の画像とムービーとネット見せてもらったけど、こいつキモいし、やばいわ

「石川典行」をヤフー携帯で検索してきてもでてきたし、係長のパソコンみてたらクレーム電話のでか○ぺの肉声まではいってたし、、、。いろんなとこでクレームつけてるみたいやからホント注意やわm(__)m

と書き込みしている事を石川リスナーが発見。

言わずもがな、特定作業が開始されて数時間後に、SNSサイト「mixi」にて同一人物と思われるIDが発見され、本名・生年月日が判明。

同日中に、女性社員と見られる人物「木村美由希」のTwitter・mixiが削除され、Twitterでやり取りがあった社内関係者とみられる人物のプロフィールも削除された。

 

数日後、石川が「魚民での不手際の会社の認識」「Twitterで誹謗中傷を行った人物の在籍確認・対応」をエリアマネージャーに要求。

会社側は、該当得する人物の在籍に関しては個人情報保護の観点より対応しかねると回答するも、「被害者の納得できる回答」を2日後に提示することで石川典行は了承します。

上記通話後に、石川は「誹謗中傷を行った人物のTwitter・mixiから得た情報」「問題のツイートのログ」「生で調理された唐揚げの写真(先程の画像)」をメールにてモンテローザ側へ提示。

更に、ネットニュースサイト等でこの件が掲載され、多方面へ広がっていきました。

 

 

モンテローザ社員が石川宅へ行くも交渉決裂

2日後、モンテローザ側から電話があり、Twitter上で誹謗中傷・個人情報を漏洩していた人物「木村美由希」はモンテローザ社員であることを認め、翌日に木村美由希本人を連れて石川典行宅にお詫びに向かうと発言。

さらに、録音許可も取れて後日配信で公開しても良いとの許可がおります。

 

翌日、約束の時間に石川典行宅に現れたのは、モンテローザの男性社員一人だけ。

問題となった社員「木村美由希」は現れず、録音不可と言い出したため、交渉決裂となりました。

その社員が帰り際に「私どもの方も監視しておりますので」と意味深な発言をして去っていったようです。

その後、お互いに交渉をすると言ったこともなかったようです。

 

 

 

さっくりまとめるつもりが、長々となってしまいましたが、モンテローザの闇の深さ・本社の対応の凄まじさはわかっていただけるかと思います。

nend

-YouTubeまとめ, 一般ニュース, 石川典行, 社会・企業
-, ,

Copyright© ようつべ速報 , 2017 AllRights Reserved.